« GLAY函館アリーナライブ決定 | トップページ | 新幹線陸揚げ日決定 »

2014年9月24日 (水)

今日の日本経済新聞1面

今日の日経のトップ記事は、何と函館市が写真付きで紹介されていました。この扱いが北海道版のみなのか全国共通なのかわかりませんが、残念ながら負の側面にスポットが当てられています。

Dsc_1897日本一と称される函館の夜景。その中心部が暗くなっているとの表現で、街の過疎化に対する危機感を煽っています。誤解がないように言えば、現実には夜景が暗くなっていることはなく(測定によれば十数年前より明るくなっているらしい)、記事で中心街と表現されている十字街地区は、あくまで昭和初期までの中心街であって、函館市民に中心街と認識している人はいません。

ただ、大正時代には全国有数の繁華街であった十字街ではなくとも、函館市の中心街と言われる地域の過疎化は紛れもない事実で、記事にあるように一定規模の都市では初めて、ピーク時より2割以上人口が減少し、国から過疎指定を受けました。さらに、ショッキングだったのは、日経3面に載っていた15年後までの人口減少率の大きな都市(人口10万人以上)で、函館市が堂々?全国第3位になっていることです。観光の面からは明るい兆しも見える当地ではありますが、地域経済の最大需要となるべく人口においては、国内最悪ともいえる厳しい現実の中にあります。

安倍内閣は地方創生を掲げ、その担当大臣に”過疎地”選出の石破大臣が任命されたことで少しは期待もしているところですが、今のところ目ぼしい政策は示されていません。思うに、日本が今のような中央集権的な制度にある以上、3大都市圏や札幌、仙台、福岡などの地方の中核都市への人口集中、何れは首都圏のみの一極集中となり、地方衰退の流れは食い止められないのではないでしょうか。大きな災害や戦争でも起こらない限り・・・。

スコットランドの独立問題が話題となったとき、ある方が言っておられました・・北海道も独立した方が良い。そして独自通貨を用いて、円との為替変動(円高独自通貨安)によって、不平等を是正しない限りこの状態は続く。地方交付税制度だけでは限界がある・・・と。

これくらい思い切った政策を打ち出せない限り、自力での地方創生など難しいのではないでしょうか。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« GLAY函館アリーナライブ決定 | トップページ | 新幹線陸揚げ日決定 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

齋藤社長さん こんばんは!
函館ハーフマラソンが迫ってきましたね、谷地頭・住吉町の爺ちゃん婆ちゃんが、寿命最後の応援をします。頑張ってください!
道南=渡島2市9町・檜山7町と、東北3県=青森・岩手・秋田と一緒になって、《道南東》あるいは《東北道》として独立したいと思っています。
冗談抜きに、素晴らしい【 国 】になると、確信しています。
“はるみちゃん”とは一緒にやっていけません。
学生時代に読んだ、梅棹忠夫先生の〖北海道独立論(昭和35年発行)〗を読み返してみます。

独立した30分後にロシアが攻めてきて終わりですね。価値のない空想はやめてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/60368089

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日本経済新聞1面:

« GLAY函館アリーナライブ決定 | トップページ | 新幹線陸揚げ日決定 »