« 番狂わせ? | トップページ | 温度差まちまち ~夏の函館観光動向~ »

2014年9月12日 (金)

北海道新幹線開業まで1年半

Dsc_1834北海道新幹線「新函館北斗」開業まであと1年半に迫りました。北陸新幹線等々の例からも、1年半後の今日(3月12日)が開業の最有力日と言われています。函館近郊では既にいつでも新幹線が走れるがごとく高架橋が繋がり、新駅の外観も完成に近づきつつあります(写真は木古内駅ホーム)。

連日、地元紙では新幹線の話題が触れられ、諸団体の誘致活動や開業に関わる問題点などが詳しく報じられています。そんな中、我々の立場から少し意外?な記事が昨日の北海道新聞に載りました。私たち観光業に携わるものにとって、北海道新幹線開業は多くの観光客を呼び込むチャンスとしての認識に偏りがちですが、一方、函館と新幹線で繋がる地域にとっても、新たな観光需要を掘り起こすチャンスなのです。

Dsc_1874ぎょうざの街として有名になった宇都宮。当地とはあまり所縁のない地域ですが、我々にとって北関東の商圏人口100万都市は仙台、さいたま市と並ぶ”大票田”と考えています。その宇都宮市が来年度、道南地域で名物ぎょうざのPRを行う意向があることが記事として大きく扱われていました。

新幹線が開業して、現在より最も近くなるのが南東北から北関東。開業と同時にこれら地域と相互に交流を持つことはお互いの発展に寄与するというもの。宇都宮側では北海道新幹線開業の際、現在停車していない「はやぶさ」の停車駅となるよう活動を進めていると聞きます。

宇都宮と聞いて当地の人達はあまり明確なイメージを持てないと思いますが、実は私にとっては学生時代4年間を過ごした”第二の故郷”。自分の置かれた立場から、様々な面で大いに役立てるのではないかと思っています。もしかして、これは私に与えられた次なる使命か、とも。

これからも地域貢献こそ自分の仕事と捉え、あらゆる分野に顔を出していきたいと思います。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 番狂わせ? | トップページ | 温度差まちまち ~夏の函館観光動向~ »

新幹線開業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線開業まで1年半:

« 番狂わせ? | トップページ | 温度差まちまち ~夏の函館観光動向~ »