« 夏祭り佳境 | トップページ | 悲願!初優勝 »

2014年8月 5日 (火)

フルマラソンへの道

Dsc_1771_2先月は、過去最高の月間330km余りを走り込み、今月も30km走あと2本、さらにこれから2週間ほど心肺に負荷をかけるトレーニングで追い込み、今年の北海道マラソンで自己ベスト更新を目論んでいる私。距離は稼いでいるものの、年齢的なものか最近なかなかスピードが上がらず、疲れも抜けないような気もしています。不安に追い打ちをかけたのは、先日届いた北海道マラソンのナンバーカード引き換え証。昨年のスタート地点は前から2番目のBブロックで、参考記録が昨年より15分も早いタイムとなった今年はあわよくばトップ選手と同じAブロックかと期待していたのですが、逆にひとつ下がってCブロック。定員が増えたせいか、参考記録に昨年の道マラの記録を使わなかったためなのか、何れにせよ昨年より1分のハンデを課せられたことになりました。果たしてこのジジぃは、5年連続自己ベスト更新達成できるのか?

さて、前置きが長くなってしまいましたが、本題は北海道マラソンではなく函館フルマラソン。本日、第1回目のフルマラソン準備部会が開催され、私はその部会長に就任しました。部会長といっても、その任期は2ヶ月ほど。準備部会は実行委員会を立ち上げるため、組織作りの方向性と、各論において残された諸問題の整理を短期間で行う組織です。順調であれば、この10月にも函館マラソン実行委員会に移行することになります。

現在のコース案から微修正が加えられる可能性もありますが、来年のハーフマラソンはフルマラソンのプレ大会として、新コースで7月第1週の日曜日に開催される予定です。来年4月に公認をとり、新コースも陸連公認コースとなります。当然、募集開始も早まり来年3~4月ころからとなりますが、決定次第このブログでも告知してまいります。そして既に2年を切ったフルマラソン。ハーフと同時開催で2016年6月下旬頃、新幹線開業記念として第1回大会が開催される訳です。

大会成功という目標のベクトルが同じだけに、検討委員会より運営はスムーズに行きそうですが、すべてが各論詳細に入る訳で、喧々諤々とした論議になるはずです。議論は公開せず、短期決戦となりますが、話せる内容については適時報告していきたいと思っています。目標は大会創設から大会の成功へ。私もこれからは函館フルマラソンの広告塔として、引き続き活動を続けて参ります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 夏祭り佳境 | トップページ | 悲願!初優勝 »

函館にフルマラソン」カテゴリの記事

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/60102828

この記事へのトラックバック一覧です: フルマラソンへの道:

« 夏祭り佳境 | トップページ | 悲願!初優勝 »