« やっぱり暑い夏!? | トップページ | 好調持続!?函館観光 »

2014年7月11日 (金)

情報管理

Dsc_1730ベネッセコーポレーションの顧客情報漏洩が大きなニュースとして取り上げられました。その数最大で二千万件を超えるということですから、世帯ベースで考えると国民の三分の一、もしくは半数近くがその被害に遇っている可能性もあります。我が家も二人の息子が「しまじろう」や「赤ペン先生」でお世話になったので、この中に含まれているのかもしれません。

そういえば、嫁が自宅に進学塾や通信教育の勧誘電話が掛かってくると言っておりました。無作為ならともかく、そういう対象の子供がいるとわかってのことなので、このようなところから情報が流出していたのかもしれません。元々、ガードが固いほうではないので、余り気にしてはいませんでしたが、こんなニュースが流れると良い気持ちはしません。先日は、母親のところに私に扮した「オレオレ詐欺」と思しき電話が掛かってきたとのことで、おそらくこれは同窓会か何かの名簿が流出しているのでしょう。幸い母親は年齢の割に頭は達者で、加えて私の名前を間違って読んだ(絶対に読めない読み方)ため、機転が利いて一喝したところ、すぐに切ったそうですが。

顧客情報流出問題は他人事ではありません。どんな小さな会社も、多かれ少なかれ顧客データを持っているはずです。特に我々宿泊業は膨大な個人データを保有している業種です。最近、あるネットエージェントからIDとパスワードを入力させるような偽メールが流れていると注意躍起されました。常に狙われているのだと肝に銘じて、情報管理を徹底しようと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« やっぱり暑い夏!? | トップページ | 好調持続!?函館観光 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報管理:

« やっぱり暑い夏!? | トップページ | 好調持続!?函館観光 »