« 好調持続!?函館観光 | トップページ | 2度目の準優勝 »

2014年7月20日 (日)

人出不足?

アベノミクスによる金融緩和と公共投資の増加は、景気の回復とそれに伴う賃金の上昇をもたらし、脱デフレの方向へ好循環に向かいつつあるようにも見えます。事実、我々地方の観光地の宿泊業においても、ここ数年には無かった好調な動きが持続していることは前回のブログに記しました。

宿泊客の減少や競合による宿泊単価の低下の心配が一服している一方で、過去十数年では考えられなかった経営上の問題が浮上しつつあります。人手不足です。建設業界や、全国チェーンの飲食業などでは、その問題がニュースにもなっておりますが、地方のサービス業においても深刻な問題として確実に身近に迫ってきています。

Dsc_1733当ホテルでは、日中のフロント業務を3名の正社員と1名のパート社員でローテーションを組んで勤務する形態をとっていますが、一月ほど前1名のパート社員が退職し、家庭の事情から1名の正社員が近いうちに退職する予定となっています。従来であれば、欠員補充でフロント業務の求人を出すと短期間で複数の応募があり、業務に支障が出ない期間で入れ替えることが可能であったのですが、今回は明らかな変調を感じています。パートについては時期において過去にも応募の集まりが悪いこともありましたが、正社員を募集した時は、ハローワークに求人募集をかけると、短期間に相当数の応募があり、数日で応募を打ち切っていました。

ところが今回は、ハローワークや求人誌に募集をかけても集まりが悪く、せっかく採用を決めても、短期間で続かなかったり、採用前に断りを入れられたりすることが続いています。察するに、多くの求人が出ていることもあり、複数の面接を受けている応募者がより条件の良いところに流れているのだと思われます。求人誌には同業者の求人募集も数多く出ており、聞くところによると状況は当社とあまり変わらないようです。

建設業界では一時的に高い賃金で人は雇っても、長期雇用の正社員を増やす動きはあまり見られないと聞きます。国からの公共事業がこの先も永続的に出ないことなど分かりきっているからです。人件費や建築資材の高騰で、新たな民間投資が急速に萎みつつあるのも事実です。現在の人手不足の拡大が、思わぬ形で景気の足を引っ張り、供給し続けている無尽蔵なマネーが大逆流を始めたら、現在の景況感などあっという間に吹き飛んでしまう・・・ふと、そんな不安に駆られたりもしています。

それは別として、当ホテルではホテルフロント業務の正社員と、月に半分ほど出社していただくパート社員を募集しています。一頃より経験や年齢などのハードルも下げ、逆に雇用条件は上げて募集しておりますので、興味のある方は週明けハローワークに問い合わせてみて下さい。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 好調持続!?函館観光 | トップページ | 2度目の準優勝 »

ホテルニューオーテからのお知らせ」カテゴリの記事

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/60014319

この記事へのトラックバック一覧です: 人出不足?:

« 好調持続!?函館観光 | トップページ | 2度目の準優勝 »