« 看板撤去 | トップページ | 駅前電停改修工事 »

2014年6月23日 (月)

野球・サッカー・ランニング

ブラジルW杯で日本代表が苦戦を強いられ、日本一早く始まった夏の甲子園予選で母校が初戦敗退し、長男が所属していた少年サッカーチームが久々に全道大会進出を決めたこの週末、大会で初戦コールド負けした次男の少年野球チームは普通に練習試合。来週末に行われる北広島ロードレース出場に備え、午前中に30km走を敢行した私は、両足痙攣でフラフラになり、予定より大幅に遅れて学校のグランドへ息子の試合を観に行きました。

すると、先に観戦していた親御さんから次々と声を掛けられました。どうやら息子が大活躍。あわやホームランの打球を打ったとか。後で息子に確認すると、速球派投手から放った息子史上空前絶後の大飛球は、外野に張ったネットの最上段に当たりツーベースに。あと10cm上だったら、練習試合とはいえ人生初の冊越えホームランになったのにと悔やんでおりました。

Dsc_1694クリーンアップを任されているとはいえ、小柄でまだ線も細く決してスラッガータイプではない息子が大飛球を打てるようになったのには訳があります。先週末、高校野球の招待試合でやってきた駒大苫小牧の選手の素振りを間近で見て、その市内チームのバットスイングと明らかに違う独特の振り方にヒントを得て息子に伝授したところ、家で毎日大人のバットで行っているティーバッティングでの打球の勢いが明らかに変わってきました。息子には「試合でこのスイングが出来ればホームランも打てるぞ」と言っていたのですが、本当になるとは私もビックリ。

私の子供の頃とは違いバッティングの技術論が確立してきているとはいえ、ゴルフのように体のパーツごとの使い方を記す指導書は少なく、まして教えられる人は極僅か。しかしこれくらいの年齢の子供たち、正しい方向で教えるといくらでもうまくなるのだと思います。息子に教えるようになって気付くことが沢山あります。自分の現役時代に気付いていれば俺の野球人生も、もっと違ったかもと。

そんな訳で、W杯月間、様々なスポーツで楽しませてもらってます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 看板撤去 | トップページ | 駅前電停改修工事 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/59863632

この記事へのトラックバック一覧です: 野球・サッカー・ランニング:

« 看板撤去 | トップページ | 駅前電停改修工事 »