« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

江差線廃線に思う

江差線「木古内⇔江差間」が廃線になって半月が過ぎました。その利用状況や、維持するための経費を考えると廃線もやむを得ず、大きな反対運動もおこりませんでしたが、日本の地方の置かれた立場と将来の象徴のようで、不安な気持ちを駆り立てられました。折しもこの鉄道路線が廃止となった日の少し前、日本の多くの自治体で、若年女性が減少し、都市そのものが消滅する可能性があるという、ショッキングなニュースが流れました。

00tetudo江差線が開通した昭和初期、日本の総人口は今より3割以上少なかったものの、居住地は全国に散らばり、江差町も相対的には現在よりはるかに活気がありました。だからこそ鉄路も敷かれたのでしょう。しかし、その後人口は都市部へそして大都市圏に集積するようになり、インフラも鉄道より道路網に偏重して予算が掛けられたこともあって、特に大都市圏から離れた地方の鉄道網は、次々と”切り捨て”られていきました。そしてそれがさらなる大都市圏への人口集積が進む循環となっています。

日本の国策でしょうか。確かに人口を集積させるとそこに集中して投資することで、税金の使い方として効率的に思えます。しかしこの日本や東アジアで顕著な大都市圏への人口集積は、国防や防災の観点からいうと、極めて脆弱であることを意識している官僚はどれほどいるでしょうか。

地方の人口減少が続き、多くの都市が消滅してしまうとは思いません。数が増えすぎると淘汰される自然界同様、日本の人口もある程度まで減少すると横這いになるのだろうと漠然と思ってはいます。しかしこの極端な大都市圏への人口集積がさらに進むとなると、何らかの事象、人為的なものか自然災害かはわかりませんが、一瞬にして起こる可能性もあるのではないかと、これも最近、漠然と思っているところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月28日 (水)

夏到来?

このところ市内外で様々な団体の総会が続いています。数年前までは出席するだけで良かったのですが、多くの団体で役職が付き、色々な役割が当てがわれ、準備等々で多忙な日々を送っています。そんな訳で、ブログの更新もままならずにおりました。

2014tenki_2そんな5月下旬。例年であれば道南函館、比較的良い季節とはいえ一気に気温が上昇することはなく、本格的な夏を前に海霧などが発生し肌寒い日も多くなります。ところが、昨日あたりから暖気が入り、この先の天気予報もひと月先のような気温が並んでいます。特に市内小学校の運動会ピークとなる今週末は、軒並み最高気温が25℃以上の夏日の予報。これは1ヶ月どころか、当地にとっては真夏並みの気温です。

このまま夏に突入しそうな勢いですが、長期予報ではエルニーニョが発生し、冷夏となる可能性が高いとか。春と秋は暖かく、夏はほどほどに熱いのが私個人的な理想ですが、そんなにうまくはいかないようです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月23日 (金)

函館駅前再開発明暗

北海道新幹線開業まで2年を切り、函館市内では様々なプロジェクトが動き出していることは既に記しましたが、ここにきて一部事業に見直しや中止の動きが出ています。

ここ数日新聞報道されていますが、事前に情報は伝わっていました。まず、現函館駅に隣接して建設される予定だったJR北海道グループ直営ホテル「JRイン」の計画が、当面凍結されることになりました。つい先日、地質調査を行っていたのですが、このところの資材高騰と人手不足から建設費が嵩み、採算が取れないため延期するとの一報が先週届いておりました。もっとも、昨年来の本業での諸問題との絡みも無縁ではないようです。同じく白紙撤回した新函館駅前のホテルは別次元として、同業の我々としてもある程度理解し、この規模であれば新幹線開業で十分吸収できると思っていたので、ほっとするというよりは駅前の活性化に水を差すイメージで受け取っています。

もうひとつは、JRイン建設予定地と駅を挟んだ反対側、市とJRが所有する1万㎡に及ぶ遊休地。地元業者が観光関連施設を建設予定でしたが、ホテル断念と同様の理由で白紙に戻りそうな雲行きです。こちらは入札時から紆余曲折があり、計画の内容や実現性に当初から懐疑的な声が多かった案件でもあったので、それほど驚きはありません。無理に観光施設など造らなくとも、市民も集える何らかの施設にした方が、駅前活性化に繋がると思える、駅隣接のもったいない敷地です。

Dsc_1667 函館駅正面では、「旧和光ビル」が既に解体され、高層マンションも兼ねた複合施設建設に生まれ変わる予定であり(写真)、さらには函館アリーナやフットボールパーク、そこに通じる外環道路の整備も進んでいます。新幹線関連設備も含め大型重機がフル稼働に見える函館及び近郊ですが、光の陰で思わぬ足踏み。浮かれず動向を注視していかなくてはなりません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月18日 (日)

フィールドスポーツシーズン到来

道南・函館地区ではGWを前後して、様々なフィールドスポーツの大会が行われるようになります。概ね11月中旬から3月中旬の4ヶ月は寒さと積雪で、外のスポーツに適さない環境のため、残り8ヶ月が貴重な実践期間。これでも、北国北海道の中では長く出来る方です。

Dsc_16282 今日は春の高校野球北海道大会函館支部の決勝戦が行われていますが、全国大会につながる少年野球の函館地区予選大会決勝戦も同時に行われているはずです。2年前までは長男の少年サッカーのため、週末はサッカー観戦漬けだった我が家は今、次男の少年野球に大半の時間を費やしています。

函館地区を構成する渡島桧山管内六十数チームの中で、おそらく中の上くらいに位置する息子のチーム。前年からのレギュラーが6名残るため、少しだけ期待して始まった今シーズン。練習試合では序盤大きく勝ち越し、クジ運次第では全道大会狙えるかもと思ったりもしていましたが、市内強豪チームとの練習試合では格の違いを見せられ完敗。この地区の少年野球チームにも辣腕指導者がいるようで、強豪と言われるチームは選手を集めているわけではないのに、毎年強いチームに仕上げてきます。投手も打撃も戦術も、息子のチームのワンランク上を行っていました。こういうチームが北海道大会に進むんだなと。

そんな訳で今年最初の大会。お陰様で親として余計な期待なく迎えましたが、2回戦はクジ運に期待してたら絶望感漂う、昨秋5年生以下の”新人”で全道大会優勝を果たしたチーム。初戦こそコールド勝ちを収めたものの、2回戦はやはり力の差を見せられコールド負け。収穫は、全道トップの投手から(エースかどうかわからないが)、息子が2本のクリーンヒットを放ったことと、本日の決勝戦を戦う2チームが、この2回戦を戦ったチームと大会直前完敗を喫した市内強豪チームであることです(決勝進出の2チームが北海道大会進出場)。

この2チーム以外とは負けたとしても互角に戦えてきたので、今後の大会でやはり”クジ運次第”で良いところまで行く可能性を残しています。ただ次回、北海道大会に繋がる6年生最後の大会初戦は今回の大会でベスト4まで残ったチーム。・・・この大会が終わっても、市内大会やローカル大会が続く少年野球。今後中学、高校と息子の野球は始まったばかりです。いつか全道大会、いや灼熱の甲・・・連れて行ってほしいな。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月13日 (火)

5月特需!?

例年GWが過ぎると、大人数の修学旅行を受け入れられない当ホテルのような小規模施設は、一時的に客足が落ち込みます。特に今年は消費税増税の影響も考慮して、当月は慎重にマイナス予算。ところが様々な好材料が揃い、今年は当ホテルに限らずGW明けも市内観光業界好調が続いているようです。

Dsc_1660 大規模なコンベンションがあった訳ではなく、初めはここ2年桜の開花が遅かったことから、GW明けの料金が下がった時期に当地を訪れようとした人が多く、予約が好調なのかなと思ってました。もちろん、材料は事前に把握もしておりました。”矢沢”のコンサートに江差線ファイナル、そして本日は函館競馬場で初めて開かれた競走馬のセリに、大谷選手が初完封を飾った年に1度のプロ野球公式戦(平日デーゲーム!)。

良く考えれば、これらひとつひとつは規模こそ大きくなくとも、興味のある方にとっては宿泊を伴って当地を訪れる魅力満載のイベント。どうやら過小評価していたようです。うれしい誤算ではありますが、GW明けも本日までほぼ満員御礼。もっと稼げたか・・・?。

特需的要素は強いものの、改めて仕掛ければ観光客がやってくる街であることを感じました。明日から少し落ちますが、あの手この手で好調を持続させなくてはなりません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月 8日 (木)

開港通り

Dsc_1659 当ホテルが面する、函館駅から朝市を経てベイエリアを通り、函館山の麓、二十軒坂に至る1km余りの道路の愛称が「開港通り」に決まり、昨日プレスリリースされました。この道路の正式名称は中臨港線というのですが、その知名度は皆無に等しい上、せっかく多くの観光客が通る道路なので、それにふさわしい名前があった方が良いということで、函館国際観光コンベンション協会が中心となって愛称を募集していました。

公募したところ500を超える応募があり、複数回にわたる選考会を経てこの名称に決まりました。選考委員の末席に名を連ねた私も「開港通り」は推した名称のひとつで、最終選考の中で最多得票を集めたものでした。他の開港5都市の中で、同じ名前の通りがあるのではないかと少し気になりましたが、”奇跡的”に無かったようですんなりと決定。新幹線開業を前に周知を図り、観光ストリートとして知名度を高めていきたいところです。

この開港通り、前述の観光スポットの他、終点の二十軒坂の上には教会群や函館山ロープウェイの山麓駅などがあり、正に函館観光の王道を行く路といっても良いのですが、観光地と観光地の間は空地や空き店舗も目立ち、その体をなしているとは言い難い状況です。たかが名前と言うなかれ、この愛称がつくことで”名は体を表す”、観光都市函館を代表する観光ストリートに変貌してほしいというのが私たちの願いです。

今後大々的?に命名式を行い、内外にこの名称を発信していく予定です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月 7日 (水)

五稜郭おもてなし隊

Dsc_1653 連休と桜満開が重なり、例年以上の人出となっている五稜郭公園のこどもの日に、築造150年祭のイベントの一環でボランティアとしてお手伝いをさせてもらいました。その名も「五稜郭おもてなし隊」。これは五稜郭にまつわる歴史上の人物、戊辰戦争時の旧幕府軍や新政府軍の要人などに扮し、観光客の案内や写真撮影に応じるサービスを行うものです。

私は旧幕府軍の総裁だった榎本武揚役で、年に1度の五稜郭祭の際に使用する当時の恰好を模倣した衣装を身に着け、コスプレのごとく付け髭などをしておもてなしさせて頂きました。初めは少々恥ずかしかったのですが、周囲に似合うと言われその気になり、写真撮影に応じているうち、あっという間に時間が経ちました。当初は、公園内を歩きながら、観光客とコミュニケーションをとるのが役割と聞いていましたが、何分、桜満開のGW中日、通常よりはるかに多くの来園者がいたため、箱館奉行所の前で観光客と並んで延々と被写体となっていました。

この「五稜郭おもてなし隊」、秋までのロングランで土日、祝日の10時から15時まで観光客をおもてなしします。私もあと数回、何役になるかわかりませんが、ボランティアとしてお手伝いする予定です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月 3日 (土)

今年は満開 ~函館のGW~

Dsc_1648_2 今日は早起きして今年2回目の早朝花見JOG。先日は開花宣言翌日とあって、桜の名所五稜郭公園も日当たりの良い場所以外は咲き始めといった感じでしたが、今朝はわずか4日でこんなに景色が変わってしまうのかと思うくらい、見事なピンクのカーテン(左写真)。余りの美しさに、いつもの堀の外周だけではなく、公園内に入ってジョギングを楽しんできました。早朝にもかかわらず、公園内には既に多くの市民や観光客が散策しており、年にわずか数日しか見ることができない桃色の景観を堪能しているようでした。

Dsc_1642 昨年、一昨年と函館のソメイヨシノの開花は平年より遅く、5月の連休に見頃を迎えることができませんでしたが、今年の満開は”ド”ストライク。今日からの4日間、函館を訪れる方は、北海道では随一といわれるソメイヨシノの薄いピンクに染まる公園や街並みを楽しんでもらえると思います(右写真は昨日夕方の”桜ヶ丘通り”。住宅街のピンクのトンネルは絶景です。)

少し気になるのは天気予報。本日、午前中は気温も高く絶好の花見日和でしたが、現在は雲が厚くなり、夕方からは雨もぱらつくとのこと。明日は持ち直しますが、5月5日も雨マーク発生。量は多くならないとのことですが、せっかくの満開の桜に水をささないでほしいものです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年5月 2日 (金)

当ホテル新聞に・・・

本日、北海道新聞朝刊道南版に当ホテルのリニューアルが写真付きで紹介されました。

Dsc_1640 先週、取材を受けたものですが、2年後の北海道新幹線開業に備え、設備投資を行っている函館を含む道南地域の数あるホテルの中から、メイン扱いで取り上げてもらえました。主旨は記事の通り(画像をクリックすると記事が読めます・・・たぶん)。ホテル激戦区、函館のなかで、最も古く零細な当ホテルが生き残っていくためには、変わり続けるしかありません。

今後もその”生き様”を、このブログで記し続けたいと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »