« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

ポカポカ陽気

20140227ここ数日、函館は好天かつ平年より高めの気温が続き、雪融けも一気に進んでいます。幹線道路は路肩に少し雪が残るものの、路面は乾いて走りやすくなっています(写真)。

ところで、「今年は雪が少なくて楽だ」という声をあちこちで聞きますが、数字上は決してそうではありません。雪融けが進んでいる昨日現在の積雪深も33cmと平年よりは10cm近く多く、2月に至っては、1日たりとも平年を下回ったことはありません。それなのに何故少なく感じるかというと、昨年、一昨年が余りにも多かったのと、まとまって降った雪が融けずに残ってはいるものの、降雪の日数自体が少ないせいかもしれません。さらに主要道路が運転しやすいのも、雪が少ない印象を与えているのでしょう。

雪融けが進むのは当面明日まで。早春の大雪の気配こそありませんが、明後日以降再び寒気が入り、平年を下回る日が続くとのこと。本格的な春はまだまだ先です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年2月24日 (月)

五稜郭 世界遺産登録目指す

20140224_151243東京マラソンが開催された昨日、もうかれこれ6,7年抽選漏れした私はテレビでスタートから30分ほど見届けたあと、自らのランニングコース五稜郭公園に向かいました。昨日はその堀の外周約1.8kmを8周余り、15km程のジョギングです。五稜郭公園外周は冬のジョギングの定番。雪の日も除雪が行き届き適度の圧雪。アイスバーンの幹線道路の歩道は厳しいので、公園の有料駐車場に車を停めてのトレーニング。今月だけで3回目です。

ところで今年築造150周年を迎えるこの五稜郭。一昨日、世界遺産登録に向け活動を本格化するとの記事が地元各紙に掲載されていました。東北から北海道にかけての縄文遺跡郡に遺産登録の動きがある中、その実現性がどの程度あるのか想像も出きませんが、中心となって活動する団体は、五稜郭に近い建築様式をとるフランスのヴォーバン要塞群が6年前に世界遺産に登録されたこと受け、その機運を逃すべきではないとしています。

いくら何でも難しいだろうと言うのは簡単。一歩、前に出て動き出すのは大変なことです。世の中、結構不可能なことって少ないもんです。意外な結果が待っているかもしれません。こういう人達が増えてくれば、函館は輝きを取り戻すに違いありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2014年2月19日 (水)

函館フルマラソン コースと規制時間

Dsc_1500昨日の函館新聞の記事にもなりましたが、このたび2年後のフルマラソン大会開催に向けて、コース及び規制時間のたたき台を示すマップが出来上がりました。函館商工会議所青年部では、このマップを基に、今日から本格的に住民への周知活動を開始しました。

街中を走るフルマラソンコースとあって、一部コースでは一定時間身動きが取りづらくなる地域や、特にコース後半は長時間に渡って交通規制が続く地域が出てきます。その沿線に住む住民や商業者には当然のごとくご不便をお掛けすることになるのですが、今のうちから周知を図り理解を得るのと、問題がある場合にはコースの微調整を含めた対策を考えるのが目的です。

今日は手分けしてコースに入る57の町会にマップを持参し、各町会住民への回覧を依頼して回りました。私が担当したのは旧市街地である西部地区だったのですが、複数回にわたり新聞報道などもされているせいか、概ね好意的に理解を示して下さり、逆に主要コースから外れる町会の方からは、みんな残念だと言っているとの声も頂きました。20年以上の歴史をもつ函館ハーフマラソンによって、マラソン大会は既に多くの市民に受け入れられていると感じ、気持ちよく町会周りをさせてもらいました。

とはいえ、新に不便を強いる住民や商業者も出てくる訳で、これから時間を掛けて理解を得るべく説明を行っていかなくてはなりません。

  • Full※画像をクリックすると拡大します。
  • 多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月17日 (月)

    続報 動き出すビッグプロジェクト

    今から3ヶ月程前、北海道新幹線開業に向けてと題し、3回に渡って函館市内で動き出しているプロジェクトの模様を紹介しましたが、今日はその続報です。

    まず、当ホテル向かいで行われている通称”朝市ドーム”、渡島蔬菜農業協同組合の立替工事。鉄骨による骨組みは終わり、現在、日中は大きな音を立ててコンクリートが運び込まれています。GW前の完成に向け、もう間もなく全容を現すことでしょう。

    Dsc_1497

    続いて函館駅前和光ビル。こちらは足場が組まれ、本格的な解体作業が始まりました。今から2年後、ちょうど新幹線開業に合わせ4階までの商業スペースオープンを目指します。

    Dsc_1495

    そして予算的には最大規模、函館アリーナの建設は現在杭打ち作業の真っ最中。巨大施設とあって重機の規模も数も、当ホテル前、朝市ドームの工事と比較になりません。ここは「函館フットボールパーク」と名称が決まった旧函館北高校跡地とともに、1年半後のオープン。あっと言う間です。

    Dsc_1496

    一方、少し心配な動きも。現函館駅北側、約1万㎡、現在駐車場となっている敷地。ここは地元スイーツ製造メーカーが見学可能な菓子工場を核に、飲食、物販テナントを集めた観光ゾーンとする計画ですが、先日、計画の見直しが伝えられました。動き出す気配は無く、果たして新幹線開業に間に合うのか。また、今年度中とみられていた函館駅前市電電停の改修も予算の関係から次年度にずれ込むとのこと。

    新幹線開業に合わせ、現函館駅前の街並みはどのように変わっていくのか。変化が出次第、随時お伝えしたいと思います。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月14日 (金)

    函館冬花火

    今日と明日の夜19時から、函館港では真冬の「花火大会」が開催されます。その数2000発超。この時季としては初の試みです。

    2014hanabi_2札幌雪祭りを始め、道内各地では様々な冬のイベントが開催される2月ですが、寒さも雪の量も”中途半端”なここ道南・函館では全国区のイベントが無く、長年の課題となっています。そんな中、函館国際ホテルが主催となり自ら資金も拠出して厳冬期の花火大会を企画しました。極寒の中、天候も不順なこの時期の花火が成功するのかという疑問もありますが、一歩足を前に踏み出さなければ何も始まりません。

    今年は一企業が主催しての試験的なイベントですが、見通しが立てば観光業界を中心に、官民上げて冬のイベント醸成に取り組むべきだと思います。花火は最初の火付け役。どうすれば、この時期世界中から人が集まる仕掛けを創れるか。当地観光業界の知恵と力が試される時です。

    今日は幸い天候が良さそう。済んだ真冬の空に大輪の花が咲くことになるでしょう。ご覧になる方はくれぐれも寒さ対策を。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月11日 (火)

    函館で「すみれ」

    Dsc_1490 札幌の有名ラーメン店「すみれ」が1ヶ月限定で出店するとの情報を聞き、行くタイミングを計っていましたが、昨日、実現に至りました。港町にあるショッピングセンターポールスター内のテナントの一角。出店当初や休日は長蛇の列を想定し、開業から10日ほどたった平日の昼間、しかも11時過ぎと早めの時間だったのですが、やはり店の前には行列が。

    Dsc_1491 それでもおそらく空いている方。外と中で待つこと15分。目的の味噌ラーメンを食することが出来ました。カップラーメンになるほどの知名度、私も初めてではなく札幌を訪れた際、何度か食べたことがあります。味は濃い目のこってり系。その元祖的な名店とあって、その模倣か類似した味噌ラーメンを出す店も多くなりました。ただ、函館ではこってり系味噌+個性的チャーシューを売りとするラーメン店が多い中、すみれの味噌は挽肉が基本。チャーシューは小さく角切で入っており、これがまた良く合います。あくまで私の中のイメージですが、札幌味噌ラーメンは挽肉が基本、大きなチャーシューは不要です。さらに、すみれを気に入っているのは、麺そのもの。適度な長さの黄色い中太麺は函館で食べる同じような麺と微妙に異なる旨さがあります。ちょっと濃すぎるくらいのスープも、体には良くないと思いながらすすり続けてしまいます。

    ポールスターでは毎月1ヶ月限定で、道内の有名ラーメン店を出店させるとのこと。ラーメン好きにはたまらない企画です。翌月の出店店舗は直前にならないと発表しないようです。尚、すみれの出店は25日まで。食べたい方はお早めに。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月10日 (月)

    五輪睡魔

    Dsc_1488最近、早く帰宅してテレビを観ても似たようなバラエティ番組ばかりで辟易としていたところに、待ちに待った冬のオリンピックが開幕。しかしこのたびのオリンピック、開催地ソチとの時差が少々問題。何分、主要競技の決勝が行われる時間帯が、日本時間の真夜中。それも深夜1時2時なら頑張って起きていようと思うも、3時4時では早く起きて観ようと思う時間でもありません。結果、晩酌の勢いで早めに寝て、深夜2時半過ぎに目覚ましセット、競技終了後3時間ほど二度寝しての出勤が、苦肉の策のローテーションです。

    そんな生活が始まって2日間。一昨日は女子モーグル決勝。最終滑走者の女王ハンナ・カーニーが大きくバランスを崩し、ついにオリンピックの神様が上村愛子に微笑んだと思いきや、知っての通りまさかの結果。後にカービングターンと言われる上村選手の滑りの基礎点が低いと聞かされるも、素人的には納得できません。テレビの前でのガッツポーズは、一転モヤモヤとしたものに。短い睡眠時間がさらに半減しました。判定競技の難しさ。これなら、角野選手が入賞した、スノボー・スロープスタイルの、非常にあいまいな採点基準ながら、どんな高度な技を出そうと、少しでも着地に失敗したら絶望的な減点をされる方が、観ている人には実にわかりやすい・・・と、思ったりして。

    中起き2日目の昨日はメダルを期待したジャンプノーマルヒル。風向きによって運不運が付き物の競技ですが、以前と比較して風向きが点数に反映され公平観が出たように思われました。しかし、その公平観が葛西選手にとっては逆に不運に。だって、100m超を2本揃えたのは優勝したカミル・ストッホ選手と2人だけ。2本の合計距離も2位タイでした。もし過去の五輪と同じ採点基準だったら十分メダル圏内でしょう。そんなこんなで何だか欲求不満な2日間。

    さて、今日はこちらもメダルの期待がかかるスピードスケート男子500メートルに、個人的に大好きな男子モーグル。競技時間の関係から日本選手が勝ち進んだら、寝る時間は無さそうです。さて、どうしよう。昼間の負担が増えるばかりです。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月 8日 (土)

    新規設定!ファミリーダブル

    2年後の北海道新幹線開業を前に、今函館市内では様々な工事が行われ、街並みが変貌しようとしておりますが、当ホテルでも開業対策として、この春4年振りに大規模リニューアルを行うことを決定しました。この話は後日詳述するとして、その他にもこの古く小さなホテルが生き残っていくために、複数のプチ改装などの取組みで日々変化を続けています。

    数ある?当ホテルの客室タイプのうち、今ひとつ稼働率が芳しくないのがダブルルーム。ダブルベッド1台の部屋は同性で使われることはなく、夫婦やカップルであっても、多少値段が高くてもベッド2台入ったツインルームが好まれます。繁忙期はそれなりの利用があり、ビジネス需要の多い時はシングルユースとして重宝することもあるのですが、オフシーズンの需要はさっぱり。低価格で設定できるセミダブルがある中、売り手としても販売しにくいのが当ホテルに2室あるダブルルームでした。

    3262sそこで一考。ダブルルームにロフトベッドを追加し、定員3名の部屋に変えてみました。ロフトベッドの下にダブルベッドが入る形にしたので、客室は狭くなりません。当ホテル、小学生まで添寝無料としておりますが、小学生も高学年になると添寝では手狭、あるいは嫌がるケースも出てきます。また、もう少し大きなお子様と、大人2名子供1名、あるいは大人1名子供2名で利用できるようにするとそれなりの需要があるのではないかと。3名利用でもツインルームとほぼ同じ料金設定とし、低価格で家族旅行を考えている方のために、その名もファミリーダブル(写真)。

    もちろん、今まで通り2名でダブルルームとしても利用でき、ロフトベッド使用で、同性での利用も可能です。3名利用だとお部屋が少し狭く感じるかもしれませんが、お子様含めた家族であれば問題ないかと思います。定員を2~3名としてネットで販売を開始したところ、GWはすぐに3名利用で予約が埋まりました。ご利用しやすい料金で提供しておりますので、函館駅前、家族でプチ旅行をお考えの方、是非ともご利用下さい。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月 6日 (木)

    やっぱり函館山は日本一

    Hakodate1今日の函館新聞に、当地観光業界、いや函館市民にとって嬉しい記事が載っていたので紹介します。先日、既に報道されていましたが、世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が実施した「都道府県代表観光スポットセンター選抜総選挙!?」で、北海道代表「函館山」が日本一に輝きました。そして現在、月間5000万ページビューを誇る同サイトのトップページには、函館山からの夜景が、日本の観光地を代表して輝きを放っています(左画像)。

    一昨年、出来たばかりの団体が、世界新三大夜景と称し、香港、モナコ、長崎を(意図的に?)世界新三大夜景と認定したとの記事を見て、函館観光関係者は不信感とともに悔しい思いをしていたのですが、夜景鑑定士?がなんと言おうと、函館山からの夜景は見てもらえれば分かります。他の何処にも存在しない異次元の夜景であることを。

    先日、とあるバラエティー番組で、バナナマンの日村さんが香港での番組収録において「世界三大夜景は香港、ナポリ、函館」と呟いたのですが、この度の評価同等に爽快なものでした。全国放送でものすごい宣伝効果もさることながら、世界三大夜景(これも誰が決めたか、世界的な認知度も知る故ないが)のひとつは函館であるとの国民の認知度の高さを感じました。

    それは自己満足だろと言われる方、是非一度本物を見に来て下さい。世界はともかく、国内では多くの夜景を見ていますが、トリップアドバイザーの選挙結果が正しいことが分かるはずです。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月 5日 (水)

    立春明暗

    Dsc_1476日経平均株価が急落し、日本経済の先行きに暗雲が漂った立春の昨日、函館では先行きに希望が持てる話を聞くことができました。地元代議士による新春の集い。1500人近く集まった会場には、講函館の明るい展望を語るには正に適任である自民党の重鎮、衛藤征士郎衆議院議員が講師に招かれました。

    新聞記事にもなっていましたが、衛藤氏が会長を務める超党派による「病院船建造推進議員連盟」では、災害時に備え大型の病院船を国内に2隻建造することを目的に活動しており、その母港のひとつを函館に決めたことを紹介しました。また、事業推進のためにデモンストレーションとして米国、もしくはロシアに実在する大型病院船を函館に寄港させる計画があることも話しました。

    更に、技術的な問題を理由に計画が滞っていた大沼⇔七飯間の高速道路建設も、主催する前田一男代議士の熱意が会を動かし、既に具体的に動き出しているという話も紹介しました。高速道路建設推進議員連盟の会長が言うのですから間違いないのでしょう。先の話ではありますが、当地にとって明るい話題に違いありません。

    函館には暫くの間、地元出身の与党の衆議院議員がおりませんでした。そのことが、この地域の停滞と無縁であるとは思えません。早速力を示し始めている若き代議士を、経済界も応援し大きく育てていかなくてはなりません。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    2014年2月 4日 (火)

    ツルツル路面

    Dsc_1475厳冬期の函館。今年は寒暖差が激しい為、積雪こそ平年並ですが雪融けで一面の水溜りと、それが寒気で氷ってスケートリンク状態の繰り返し。今日は後者で、幹線道路こそ路面は乾いて車の走行に問題は無いものの、脇道や歩道は走行も歩行も困難なツルツル状態。

    今日だけで何名も、私の視界の中で足を滑らせて転倒する人がいました。駅前の歩道で両足が真上を向くくらいに豪快に転倒したおばちゃん。何事も無かったように立ち上がり歩きはじめましたが、相当痛かったに違いありません。雪道に慣れ、滑りづらい冬靴を履いている地元民ですらこの状態ですから、仕事や観光で当地を訪れる方は是非ともお気を付け下さい。

    くれぐれもポケットに手を入れて歩かないように。痛い程度なら良いですが、骨折などの大怪我をしたら笑い事ではありません。明後日まで、この冬最強クラスの寒波が居座るそうです。

    多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリクして下さい。

    ↓↓↓

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
    にほんブログ村

    « 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »