« ソラマチに思う | トップページ | 世界情勢 »

2014年1月23日 (木)

タイ情勢

1月中旬から下旬というのは、函館観光のオフシーズンの中でも最も観光客の少ない時期です。しかし今年は昨年来好調の外国人観光客が引き続き多く、絶対数は少ないながらも対前年では上回って推移しているようです。

函館は昨年、台湾との直行便が就航したこともあって、台湾人の観光客が大幅に伸びています。しかし、その多くが団体で大型施設に宿泊するため、我々のような小規模施設にとってプラスではあっても、実数ほどの恩恵は受けてはいません。一方、率において、台湾人観光客以上に昨年大幅に伸びたのはタイからの観光客です。タイ人は団体ではなく家族や小グループで旅行することが多いようで、当ホテルのような小規模で旅行会社依存度が低い施設にも、ネット予約などを通じて大幅に宿泊数を伸ばしています。昨年、タイからの観光ビザ要件が緩和され、バンコクと新千歳の間に直行便が就航したことが大きいのでしょう。当ホテルでは実数においても、外国人観光客の上位3国に入るまでになっています。

Taiそんな中、昨年末くらいから少し気になるニュースが流れるようになりました。タイの反政府デモです。好調な外国人観光客入込に水を差すことにならないか気にしていたのですが、とあるセミナーで聞いた当地の事情に詳しい方の話では、タクシン派と反タクシン派の争いによるデモはお祭りのようなもので定期的に発生しており、それほど気にしなくても良いとのこと。事実、年が明けてもタイからの予約は入り、今のところは目立ったキャンセルも出ていません。

しかしこのところ反政府デモは収まるどころか暴徒化の様相も。タイ政府は非常事態宣言を出すまでに至りましたが、混乱は終息せず、従来のデモとは異なるとの見方も出ています。タイからの出国はともかく、タイへの観光客入込は大幅に落ちているようで、今日の日経新聞の記事によれば、各国航空会社もバンコク便の減便を検討しているようです。

既に予約が多い雪祭り期間のキャンセルも心配ですが、函館観光の閑散期でダブルボトムを形成する4月中旬。実はこの時期、タイは正月休みです。少ない中での大票田と期待しているので、この先のタイ情勢、遠く離れた函館で心配しているところです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« ソラマチに思う | トップページ | 世界情勢 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/58995335

この記事へのトラックバック一覧です: タイ情勢:

« ソラマチに思う | トップページ | 世界情勢 »