« 寒暖交互 | トップページ | ツルツル路面 »

2014年1月31日 (金)

函館マラソン秒読み段階

Dsc_1460コースや開催時期を公表するのは実行委員会での承認後とも思っていましたが、コース沿線の住民や商業者の理解を得るためにも、記事にしてもらった方が良いということで、現段階で関係機関の間で同意を得ている情報を公開しました。本日の北海道新聞道南版に、2016年初夏と予定している「函館マラソン」の昨春から修正したコースのたたき台が詳しく載っています。

修正案では折り返しを少なくすると同時に、青柳町のアップダウンを避けることでハーフのスピード化を図ると同時に、フルではGLAYライブが開催された緑の島コースに加え、フードエイドとするなどの特色を打ち出しています。開催時期に関しては、私事業界的には観光需要が少ない現日程もしくはそれより遅い時期が良いと考えていたところですが、有力選手のトレーニングを兼ねた大会にしたいという陸連側の意向と、審判や医療スタッフ、ボランティアが集めやすいということで、6月下旬、もしくは7月上旬を想定しています。

最も大規模マラソン大会や道内ハーフの大会も集中する秋口とは異なり、この時期は全国的にフルの公認大会が無く、実現すれば圧倒的に大きな競争力を持ちます。梅雨の季節、北日本でなければフルマラソンは環境的にも厳しいでしょうし。当初は遅くとも2015年と考えていましたが、やはり新幹線開業後の目玉に「開業記念」の冠をつけ、第1回大会を開催した方が動員においても資金面においても確実だろうということになりました。

間違った役職で私のコメントも掲載されていますが、今後中心となって推進している函館商工会議所青年部では、沿線の町会や商業者、影響を受ける業界団体などに説明を行い、概ねの理解を得られれば正式決定、準備委員会設立の運びになる予定です。おそらくこの春。いよいよ秒読みに入ってきました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックいsて下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 寒暖交互 | トップページ | ツルツル路面 »

函館にフルマラソン」カテゴリの記事

コメント

函館商工会議所青年部スポーツコンべンション委員会副委員長(?) 齋藤様 こんにちは。
ハーフマラソンのコース変更、フルマラソンのコース設定の記事を読みました。
ショックです!???
朝からビールを飲んでいます。何罐飲んでも酔いません。う~~ん・・・・・。
もうお手伝い出来ないな 。(ー_ー)!! (-_-)zzz

6月最終日曜日だと4000人を超えるサロマ湖ウルトラマラソンとかぶりますね。
今まで通り9月末の開催は難しいのでしょうか?mobaq

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/59042749

この記事へのトラックバック一覧です: 函館マラソン秒読み段階:

« 寒暖交互 | トップページ | ツルツル路面 »