« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

JR北海道特急減速減便の影響

Dsc_1373このところの不祥事や気象条件でやむを得ない場合を含め、函館⇔札幌間の特急が急遽運休となったり、ダイヤ改正によって減速減便となった際、多くのマスコミから取材の電話が入りました。「観光への影響はいかがですか?」と。彼らからするとネガティブなコメントを期待しているのでしょうが、その都度こう答えています。「今のところ、全く影響はありません。」

これは嘘ではありません。今年の函館観光は特殊要因もあって好調で、さらに外国人観光客の増加や景況感の改善によってその勢いは未だ持続中です。当ホテルではオフシーズン入りした11月の宿泊客も対前年を大きく上回り、来月も予約動向から上回ることは確実です。もっともオフシーズンでその絶対数は減っており、あくまで前年対比の話です。

マスコミは減速減便の影響を不安視していますが、特に函館の場合5~10月のオンシーズンとそれ以外のオフシーズンでは倍以上の観光客入込数の差があり、ある意味経営的にはその差を供給に反映させるのが妥当。意図的ではないにせよ、このたびの減便は需要との対比では極端にバランスを崩すものではありません。もちろん年末年始の多忙期や、利便性という意味では影響がありますが、平時においては目立った影響が出ていないのが現実です。

影響があるとすればビジネスユース。私が札幌に出張する際、乗りたい時間帯の列車が満席だったり運休になっていたということが幾度もあり、予定が決まったら極力早く指定を取ることにしています。また私の周辺でも、航空機やバスを利用する人が増えており、事実、札幌⇔函館間のJR利用客、先の予約動向も対前年で明らかに落ちていると聞きます。最近、当日予約のビジネス客の宿泊が増えているような気がしていますが、それが利便性の低下に起因しているとしたら皮肉な結果です。駅周辺のホテルにとっては、JRの急な運休はほぼ間違いなく宿泊需要の増加につながります。来れない人より帰れない人の方が多くなるからですが、それらが良い需要増ではないのは明らかです。

年末年始や連休など、一時的な多忙期を除き、現在の運行状況ですぐに函館観光に影響が出ることはありませんが、乗り継ぎなど不便な状況が続けば、ジワジワと客離れが進むことは否定できません。また、来年のオンシーズンまでこのような状況が続けば、その影響は必至です。多くの問題を抱えていますが、一時も早く特急北斗の車輌不具合の原因を究明し、通常ダイヤに戻ってほしいのは函館の観光関係者共通の思いです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月25日 (月)

進化する中年

Dsc_135711月23日、今年の集大成とするべく大田原マラソンに出場する為、早朝5時に起床し、午前7時台の普通列車で県都宇都宮を出発しました。宇都宮から北へ40分ほど、ほぼフルマラソンの距離の位置にある最寄り駅「西那須野」に到着。外は快晴微風、気候的には函館より3週間ほど暖かく10月下旬から11月上旬といったところでしょうか。ただし海無し県の朝は冷え込みが厳しく、最低気温は氷点下になります。駅からの送迎バスに乗る時には想像以上の寒さを感じました。

受付はスタートとなる陸上競技場に隣接する市民体育館で、町の規模からすると立派な体育館のスタンドを荷物置場兼着替え場所として開放しているため、中は寒くはなく大変快適。右膝に一抹の不安を抱えているため、テーピングとサポーターを施し、寒さ対策にアームガードと手袋をはめてスタートとなる競技場へ。わずかの時間の間に、気温も上がっていたようで、寒さ対策は裏目か?ここが北海道ではないことに改めて気付きました。

スタートは係員の誘導が拙く、特に陸連登録選手のゾーンは満員電車状態。一歩間違えば惨事になってもおかしくないほど危険すら感じました。後で知ったのですが、この大会フルのエントリー4500名中陸連登録者が何と1800名。約4割が登録者です。さすが制限時間4時間、ハイレベル市民マラソンです。

幸いトラブル無くスタートとなりましたが、半周余り走るトラックは大混雑。競技場を出てもそれほど広い道路ではなく、最初はウォーミングアップと諦めました。それでも1km通過は5分ジャスト。スタート直後のロスを考えると意外なタイムです。更に軽いストレスを感じるくらいの集団での走りがしばらく続き、いつになったら自分のペースで走れるのかなと思いながらの2km通過は何と4分20秒台。恐るべしこの大集団、老若男女みんなこのペースで走っている。やはりこいつらただ者ではない!。自分のペースどころか目標ラップ以上で走っていたのでした。周りのペースに引っ張られ、それほどきつくもないのでこのペースを維持することにしました。

5kmを過ぎるとようやく少しバラけましたが、道路は片側1車線、依然周りには多くのランナーがいます。ペースは順調に4分30秒前後。このあたりから緩やかな下りになるはずでボトムの23kmくらいまでこのペースで行ければかなりの貯金ができるはず。10km通過が45分36秒。ちょっと速すぎるかもしれないけど行けるところまで行ってやれ。その後も上り坂のあった1区間だけ4分40秒/km台だった他は4分30秒前後で刻み、後で知った10kmから20kmのラップも、最初の10kmと1秒も変わらぬ45分36秒。恐るべし自分の体内時計。

ハーフを1時間36分台と今年の道マラより3分早く通過。目標通り23km過ぎまでこのペースを維持し、いよいよ逆に緩やかな上りに変わります。最初こそ少しきつかったものの、その後は実感ほぼ平坦。ラップは少し落ちましたがそれで4分30秒台を維持。30km通過も目標より2分速い2時間18分。これもしかして3時間10分台出ちゃうんじゃないの。

・・・なんて、そんなに甘くありません。5分/kmを切れたのは33kmまで。道マラの32kmより伸びましたが、目標の35km地点まで届かず。その35km付近のややきつい上り坂こそ根性で駆け上がりましたが、ここからガクンと落ちました。でもそれは想定内。あとは極端に落ちないこと、止まらないこと。幸い前回のフルでラン仲間から聞いた塩分補給のお陰か痙攣の気配は無く、単に重くて痛い足との勝負です。本当はラスト7km、5分10秒前後でまとめたかったのですが、どんなコースを走っても残り数キロメートルが長いこと。頑張っても5分30秒近く掛かり始めました。ここで無理をするとトラブル発生すると思い(根性が無いだけだが)、最低限のペース維持。ラスト競技場だけペースを上げ(できんじゃん)、3時間10分台は無理でしたが21分台のパーソナルベスト達成。周囲のペースとマラソンには最適な気候に助けられての結果でした。

それでも少し前まで本番である程度楽に長く走れるラップは4分50秒/kmだったものが、20秒ほど短縮したような実感が。これでラスト10kmを5分前後でまとめられるようになれば、あと4~5分の短縮は十分可能。ハーフは伸び悩んでいるものの、フルに関しては年齢48にして進化を実感。もしかしてサブ3も行けるかもと、ハーフサブ90も達成していないオヤジはあり得ない妄想に入っています。当然、次の目標はPB更新3時間10分台です。

Dsc_1356_2ところでこの大会、少しもったいないと思ったのは、函館ハーフ同様ゴール後の飲食ブースの設定が無かったこと。周囲は温泉地で、日帰り温泉の無料券こそ配られましたが、車で来た人以外は足が無く(バスもタクシーも不便)、ほとんどの参加者は終了後無料送迎バスで帰路についていました。大盛況だったのは駅のキヨスク。多くのランナーがここで缶ビールとつまみを買って帰りの電車に乗り込んでいました。キヨスクのおばちゃんも毎年のことなのか理解しているようで、空いた店頭の冷蔵庫に奥の冷蔵庫から次々と新しい缶ビールを移していました。ビールを買ったランナーの何割かは、乗り換えの宇都宮駅構内の飲食店で追加のビールと食事を嗜んでいるのも目撃。小さな町にこれだけ多くのランナーが集まっているのに、大田原市は多くの経済効果を取り逃がしています。競技性の高い大会はどこもこういう傾向があるのでしょうか。函館フルマラソン創設にあたり、良い所も残念な所も大変参考になりました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月22日 (金)

宇都宮なう

Utsunomiya 明日、大田原マラソンに出場するため、私の第二の故郷ともいうべく県都宇都宮に来ています。宇都宮を訪れるのは3年ぶり。ただ、3年前は仕事の都合で滞在したのはわずか1時間足らずだったので、宿泊するのは十数年ぶりのことです。人生の多感な時期?4年間過ごしたこの街ですが、当時とはだいぶ様相が変わっています。

今や宇都宮といえば餃子。私が住んでいた当時も餃子の店が多く、特に餃子しか提供しない店があることに驚いたものですが、今や駅を一歩出ると餃子専門店の品評会。もちろん今日の夕食は餃子と決めていましたが、数ある餃子専門店の中から私が向かったのは、在住当時からその名を馳せていた老舗中の老舗「みんみん」です(当時はあまり行った記憶はありませんでしたが・・・)。

Dsc_1349 もちろん味は言うことなし。しっかりとスタミナ満点カーボローディングしてきました。軽くドーピング?もしながら。そうそう、私は走りに来たのです。すっかり忘れそうです。昨日は、函館市内のとある商店街の研修会の講師として招かれ、函館フルマラソンの創設活動について生意気に高い席からモノ申してまいりました。フルマラソンの経済効果や函館フルマラソンが成功しない訳がないということを。こちらは早ければ年内にも新たなポジティブな報告ができるかもしれません。

明日は5時起き。ハイレベル市民マラソン大田原の報告はポジティブになるかどうかは分かりません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月19日 (火)

いざ大田原へ

今週土曜日、私は今年最後の大会となる栃木県の大田原マラソンに視察を兼ねて出場してきます。幸い雪の影響で外を走れなかったのは2日ほど。直近はこの時期にしては暖かい天候が続き、今月も一昨日まで160km、概ね月間300kmペースの走り込みをすることができました。

Ootawaraこの大田原マラソン、栃木県北部のローカルな町で、スタートゴールが陸上競技場とはいえ、走るコースは田園地帯、しかも制限時間が4時間という厳しい設定で、さらには翌日隣県でつくばマラソンという定員1万数千の人気市民マラソン大会があるにもかかわらず、4000名のフルの定員がエントリー開始から1週間ほどで到達してしまう全国的にも異色の大会です。

人気の秘密はその4時間という制限時間にあるというから不思議なものです。この大会は市民ランナーでも一定レベル以上を対象とし、本気で自己記録の更新を狙おうというランナーに根強い人気があります。制限時間の他にも、3時間や3時間半という設定タイムで走るペースランナーがいたり、市民ランナーでも自分専用のスペシャルドリンクを置けたりと、トップランナー張りの待遇があることも人気の秘密のようです。

全体のレベルが高いため、スタート直後の混雑によるタイムロスもわずかで、記録を狙いたい市民ランナーの中には、同時期に行われる人気大会を避け、あえてこの大会にエントリーしてくる人も少なくないようです。参加人数を増やす為には制限時間の拡大が有効というマラソン大会の常識を逆手にとったこの運営、大いに参考になる部分があるのではないかと感じています。

函館フルマラソンを成功に導くため、いろいろなマラソンを自ら走って参考にする昨年の下関海響マラソンに続く視察ラン。視察といっても経費はすべて自腹。大会運営の柔軟な発想を身に付けるのはもちろん、自己記録更新を狙っての挑戦でもあります。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月18日 (月)

少年野球親子対決

突然の初雪大雪に、あわててタイヤ交換した後は、スタッドレス不要の路面が続く函館市内。気温も連日二桁で、穏やかな晴天となった昨日の日曜日は小学校のグランドも使えるようになり、次男の野球の練習は室内練習から急遽、2週間前に雨で中止となった親子による新善試合となりました。北海道では暖かい道南とはいえ11月の半ばを過ぎて外で野球ができるコンディションになるのは稀なことです。

Dsc_1330午前中にランニングをするつもりでいた私は急遽予定を変更。仕舞っていたグローブにスパイク、そして大人気なく一般軟式用の木製バッドを持参して子供が待つグランドに出掛けました。急な決定に試合に参加するお父さんは3名ほど。これに監督とコーチ2名、さらに肝心な投手にチームOBで中1のコーチの息子さんが入り、残りはお母さんたち。当方、14名が守備につくハンデ戦です。

現役チームも全員が試合に出ながら和気藹々と進みましたが、大人チームの投手も現役中学生ということで中々の接戦となりました。当初の14名に、後から来た親御さんも参加したため、私の打席は2回だけ。昨年、朝野球を引退し、試合をするのは1年以上ぶりながら、ストレートのみの小学生の球であれば、大人の感覚で普通のレフトフライでも冊越えとなる小振りなグランドで、現役時代に出来なかった冊越本塁打も余裕と力感満々で打席に入りました。相手が子供だろうと手を抜くことはしません・・・ん?

ところがそんな甘くありません。特に6年生エースの球はナチュラルなのか意図的なのか手前で沈み、全くタイミングが合いません。微妙に変化しているようにも見え、これは本塁打どころか当てるのも難儀とミート狙いにするも敢え無く三振。後で息子に聞くと、父親相手にはカットボールやフォークボールを試していたのだとか。これでは晩年、変化球に凡打の山を築いていた私のバッドが火を噴く訳はありません。

試合は昨年までこのチームでキャッチャーをしていたOBの好投で子供チームを完封。小差ながら大人チームの勝利。久々に、マラソンとゴルフ以外のスポーツで楽しい時間を過ごせました。普段、普通の中年よりは運動をしているはずの私ですが体中が痛い。でも、心地よい痛みです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月15日 (金)

アフィリエイト広告の報酬は誰が払う?

”特需”要因とプチバブル的好景気の影響で、近年稀に見る好調が続く函館の宿泊業界ですが、一方で複数の諸制度の変更が、業界全体の暗雲として持ち上がっています。そのうちひとつが、大手ネット旅行エージェントによるアフィリエイト広告の報酬転嫁です。

Rakuten_2先日、「楽天トラベル」による説明会が当地であり、多くの管内施設の参加がありました。楽天トラベルは当業界において「じゃらんネット」と並ぶ2大ネットエージェントで、この2社によるネット予約のシェアは全体の7割を越えているものと思われます。誤解の無いように言えば、「楽天トラベル」は大変秀逸な予約サイトで、特に我々のような中小宿泊施設の集客手段には切り離すことが出来ないほど役立っており、大切なビジネスパートナーでもあります。

この度の説明会の最大の論点は、楽天”市場”のアフィリエイト広告がきっかけとなって自ホテルの予約に繋がった場合、その成功報酬とシステム経費1.3%を手数料に上乗せして支払ってほしいというものです。アフィリエイト広告とは、自社サイトへの誘導を促すためのバナー広告的なもので、ブログなどで記事とは全く関係のない(あるいは関係あってもブロガーとは関連性のない)バナー広告が貼り付けられていることがありますが、そのようなものをイメージして下さい。楽天などの有力媒体サイトでは、個人のブログなどに掲出枠をもらう代わりに、その広告を通じて商品の購入があった場合、数%の成功報酬を支払っています。

納得がいかないのは、自らの施設の広告でも、百歩譲って「楽天トラベル」の広告でもない、全く異なるジャンルの楽天市場誘導のアフィリエイトをクリックした人が、別の機会に自らの施設を予約しても、超過手数料(成功報酬)を支払わなければならないことです。例えば、ある人が洋服を扱うアフィリエイト広告をクリックし、閲覧のみで何も購入せず、1週間後に出張の予定が入って、楽天トラベル経由で当ホテルに予約を入れて宿泊した場合、アフィリエイトの成功報酬とシステム使用料1.3%を上乗せして支払わなければならないのです。

現在、このようなケースでアフィリエイト経由の予約とカウントされるのは全予約の20%相当ということです。計算上、月間100万円の楽天経由の売上げがある場合でも、上乗せ手数料は2000円程度ということで理解を求められましたが、急激に増殖中のアフィリエイト広告、自らも意図せぬままクリックしてしまうこともある昨今、この比率が増えることは間違いないでしょう。さらに、こんなことを業界が簡単に受入れてしまっては、他社や様々な分野のコストも負担せざるを得なくなる前例を作ることになり、さらには手数料の値上げなどにも極めて弱い立場となってしまいます。

楽天市場のアフィリエイト広告というのは、あくまで楽天市場の販売促進に当たるもので、それを希望しない商品提供者が報酬を支払うというのは筋が違うと思います。圧倒的なシェアを持ち、業界に対して優位な立場となったことでこのようなものを押し付けるのは、法的にも問題があると感じられ、当然意見もさせてもらいましたが、業界としても全国的な組織で毅然とした態度で拒否の姿勢をみせるものと思います。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月12日 (火)

突然の冬

初雪の便りは聞かれた昨日、その気配すら無かった朝とは一変、日中になると今年初めて見る白いものが断続的に降り始めました。それでも、車の運転に支障が出るほどでもなく、ここ数日マスコミを賑わしている某ネットエージェントの説明会へ。帰社後、講演用の資料作りを途中で切り上げ、さあ帰ろうかと外を見ると、じぇじぇじぇ~道路が真っ白。雪の予報は知っていましたが、パラッと舞う程度だろうと高をくくり、私の車はまだ夏タイヤ。やむなく車を放棄して帰宅。自己責任、久々に路線バスのお世話になりました。

Dsc_1322そして今朝。玄関を出るとビックリ。一面の銀世界。一夜で季節が移り変わりました。午前10時時点の函館市の積雪深は何と20cm。風向きの影響で、函館近郊に集中的に雪雲が入っているようです。こんなの聞いてないよ~。多少雪が残ったとしてもまだ11月。日中、道路の雪は消えるだろうから、その隙に冬タイヤを取りに行って交換する目算は脆くも崩れました。いつになったら自分の車に乗れるのか・・・。

幸いこの寒気は明後日には抜け、その後は最高気温が二桁になる日もある模様。そこでタイヤ交換が出来そうですが、何事も準備を怠ってはいけないという教訓です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月 9日 (土)

動き出すビッグプロジェクト ~北海道新幹線開業に向けて(3)~

Dsc_1316今日の北海道新聞「道南・函館版」の記事から2点ほど。まず、先日当ブログで工事の状況を紹介した「函館アリーナ」と「日吉多目的グランド」ですが、既にPR用のリーフレットが完成していおり、市内団体や首都圏の旅行代理店などに配布している旨の記事が載っていました。私もたまたま昨日、市役所の担当部局から取り寄せていたのですが、中々良くできたリーフレットで、大会や合宿誘致のアピールに繋がるものと思います。今まで断片的にしか伝わっていなかった施設の情報がより詳細に記載されています。

Dsc_1315

アリーナでは既にいくつかの相当規模のコンベンションが内定していると聞いておりますが、スポーツに限らず、その流れに拍車がかかってくれればと思っています。「日吉多目的グランド」についても、市内外の施設も併用すれば、全国レベルの大会の誘致も可能ということで、近隣自治体のグランドも紹介されるなどの配慮もされています。いずれも函館35万都市圏、いや、青函100万都市圏に待望のコンベンション施設。私も出張などの際、リーフレットを持参して大会などの誘致営業に参じる所存です。

Dsc_1311 もうひとつの記事は、北海道縦貫自動車道が函館新道まで10kmの大沼公園ICまで繋がって間もなく1年、その利用が想定を上回り順調だとの内容です。それに関連して、函館市内の高規格道路である外環状道路の赤川ICも来年度の供用開始に向けて急ピッチで工事が進められています(写真右)。この道路、当初、北海道新幹線開業時には函館空港まで繋がり、新駅と市内、空港までのアクセスが格段に向上すると聞いておりましたが、今のところ開通の見通しは立っていません。記事にある通り北海道縦貫自動車道、大沼IC⇔七飯ICも同様に新幹線開業までの開通は絶望的ですが、函館新道の片道2車線区間の延長工事も順調に進んでいるようで、遅ればせながら函館圏の交通アクセスの利便性も、新幹線開業を機にようやく他の中核市並に追いつこうとしています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月 5日 (火)

函館近郊、紅葉ピーク

例年であれば初雪の便りが聞こえてもおかしくない11月上旬、函館は比較的暖かい気候が続いています。とはいえ、季節は晩秋、昨日もおだやかな晴天が一変、雷鳴が響くとあっという間に強い雨が降る時雨模様。お陰で楽しみにしていた次男の野球チームとの親子対決が中止となり、晴れ間が戻った午後は、久々にゴルフ練習場へと向かいました。

Dsc_1310郊外の練習場へ足を運ぶのは約半月ぶりですが、周囲の景色の変貌に目を奪われました。雨上がりの晴天のせいもあったでしょうが、山が見事に色付いて綺麗なこと。こんな紅葉を見たのは久しぶりです。函館近郊は現在紅葉のピークを迎えているようです。

紅葉の季節が短いのも北海道の特徴。今日の天気予報では来週早々、雪マークが現れました。函館もいよいよ初雪、そして平年であれば10日ほどのタイムラグをおいて初積雪を記録することになりそうです。比較的暖かかった今年の秋も終了間近です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2013年11月 2日 (土)

動き出すビッグプロジェクト ~北海道新幹線開業に向けて(2)~

Dsc_1299

建替えのため先月末で閉館となった函館駅前「和光ビル」。昨日、早速看板の取り外し作業が行われていました。和光ビルは来年1月から本格的な解体作業に入り、北海道新幹線開業が予定されている2016年3月の商業スペースオープンを目指すとのことです。マンション部分も含め、16階建の高層ビルに生まれ変わります。

Dsc_1305

人工芝2面を核とする多目的グランドへの整備が決まっている旧函館北高校跡地。既に校舎は解体され、住宅街の一角により広大な敷地が出現しました。隣接する日吉サッカー場(天然芝1面、クレー1面)と合わせると、ようやく函館にも全道規模のサッカー大会の誘致が可能になります。一方、道南各地で行われていた市内大会がここで行われるようになると、それだけでほとんどのスケジュールが埋まってしまうのではという懸念も・・・。いずれにせよ、この都市規模にして不足していたスポーツ施設が、新幹線開業前の2015年8月に完成を見ます。将来的に、この多目的グランドのすぐ傍に高規格道路である函館外環状道路のインターチェンジが出来ることも決まっており、周辺では一般道の拡幅工事も行われています。

Dsc_1303

同じく2015年8月の完成を予定している函館アリーナ。現市民体育館(上写真では左奥)解体を前に、敷地の整地のため工事用外壁に覆われました。入札不調から予定価格を変更するなど紆余曲折もありましたが、当初予定通りの完成に向け工事は始まっています。全国的な傾向として、資材価格の高騰と人手不足から公共事業の入札不調が相次いでいます。一部に地元に仕事が回らないとか市の対応が拙いという声も聞かれますが、アベノミクスの大盤振舞いで急激に増加した公共事業に、リストラなどで不況期を乗り越えてきた地方の建設業者は、仕事はあっても手が回らないという声が圧倒的です。バブル期も知っている経営者は、急激に膨らんだ公共事業はいずれ急速に縮小すること、そしてそうなったらどうなるかを経験的に知っています。だから、・・・おっと、話が逸れてしまいました。

いずれにせよ、函館では新幹線開業に向けて官民の大きなプロジェクトが振興中です(続編あり)。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »