« 敗者のメンタリティー | トップページ | 酒田ナウ »

2013年3月 6日 (水)

函館うまい店 ~個性派ラーメン編~

幹線道路ではないけど、よく通る枝道にできたラーメン店。奇抜な名前が気になって、前から一度訪れなくてはと思ってました。その名も「ぶたやろう」。しかし、奇をてらったネーミングは得てして期待外れが多いもの。

良い意味で裏切られました。想像していたのは、チャーシューに特徴のあるこってり系みそラーメン。もはや函館でも主流のひとつです。しかし、ぎりぎり止めることができた駐車場に降りて、店の前に飾られているラーメンの写真を見てもしやと思い、店の中のメニューで確信しました。知る人ぞ知る、首都圏ではその地位を確固たるものとしている二郎系。豚骨醤油に太麺と野菜山盛り、肉厚のチャーシューが基本です。私の知る限り、函館では出会っていません。

Buta普通でも量は多いと記憶しているのでスタンダードな「ぶた1番」、750円を注文。それでも予想以上のてんこ盛り(写真)。特徴あるスープは甘味があって、以前食べたことがある二郎系ラーメンよりはるかにうまい。このスープ函館では、いや、北海道では中々出会えない味付け。ラーメン文化の違う味。こちらの感覚では醤油というより味噌に近い味です。しかし、首都圏在住の頃、二郎系ではありませんが、こんなスープのおいしいラーメン屋を思い出しました。

普通のラーメンの1.5倍の量を完食。これはどうも癖になりそうです。函館で食べれるラーメン、ひとつレパートリーが増えました。教育大学函館校の近くです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 敗者のメンタリティー | トップページ | 酒田ナウ »

函館おいしいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館うまい店 ~個性派ラーメン編~:

« 敗者のメンタリティー | トップページ | 酒田ナウ »