« リレー列車概要固まる ~北海道新幹線~ | トップページ | 今年も多雪 »

2013年2月19日 (火)

アベノミクスの行く末

Chart212安部政権発足が確定的となった昨年11月中旬以降、円安、株高が一気に進み、少なくとも景気の「気」の部分では随分と明るい兆しが見えています。株価指数は約3ヶ月で30%以上も上昇し、長期的な節目、日経平均よりもTOPIXの1000P手前に差し掛かり踊り場を迎えています。一旦、調整を挟む可能性は強いと思いますが、出来高の膨らみから判断すると、年度替り、もしくは年央にむけて一段高するのではないかと見ています。

Dsc_0875 しかし、実体経済経済はどうでしょう。特に地方の中小企業。我々観光業を例にとると、円安が進んだからといって急に外国人観光客が増えるわけでもなく、「気」が良くなったからといってオフシーズンに観光特需が出る訳もありません。むしろ円安に敏感に反応するのは燃料費で、寒い冬にA重油や灯油、ガソリン価格の値上がりは、間違いなく経営を圧迫しています。観光業界ではありませんが、先般、当地区でも運送業で久々に規模の大きい倒産がありました。我々以上に燃料費の高騰の影響を受ける業界です。

それでも先が明るいなら今を耐えましょう。しかし、人口増加期の旧態依然とした景気対策に輪をかけたようなアベノミクスが、このままうまくいくとはどうしても思えません。以前も書きましたが、いつか財政重視に舵を切らなければならない時が来るでしょう。逆に、そのタイミングを逸したら、歪んだ形での物価上昇、国債金利の上昇が現実のものとなりかねません。デフレの根源でもある、日本独特の人口ピラミッドに由来するスパイラルに効果的な政策が打てない限り、「気」が変わるのはそれほど遠くはないと思っています。

それが参院選前後となるのか、あるいは俄かに現実味を帯びてきている”軍事衝突”的なことがきっかけとなるのか、今年は年前半と後半で別な景色となるような”気”がしています。年後半には行く先が見えてくると思うので、貯める方も借りる方も長期資金の活用は先送りするつもりです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« リレー列車概要固まる ~北海道新幹線~ | トップページ | 今年も多雪 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/56797468

この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスの行く末:

« リレー列車概要固まる ~北海道新幹線~ | トップページ | 今年も多雪 »