« 進化確信?大沼グレートラン | トップページ | JRA函館競馬・来年は24日間開催 »

2012年10月23日 (火)

北高跡地「日吉多目的グランド」概要固まる

今朝、私がブログで触れたい複数の興味深い記事が載っていましたが、悩んだ末に大韓航空の運休ではなく、函館新聞に載っていた「日吉多目的グランド」の素案を取り上げることにしました。

旧函館北高跡地の問題については、2年前にこのブログて指摘し、その後も何度か書いています。統合によって廃校となった同校の敷地が、全く有効に利用されていないことに異論を唱えたものでしたが、その後の市長選挙で、その有効利用を公約に入れていた現市長が当選したことで一気に動き出しました。少し時間はかかりましたが、その素案が漸く公表されるに至りました。

Dsc_0455少し伝え聞いていた部分もあったその概要は、現校舎を取り壊し、サッカー、ラグビー兼用の人工芝グランドを2面と、フットサルコート3面を整備し、その周囲を一周800mほどのランニングコースとするものです。人工芝に違和感を感じる人がいるかもしれませんが、人工芝の技術はものすごい勢いで進歩しており、新しいものは遠目からは天然芝と区別がつかないほどです。候補のサンプルを見せてもらったことがありますが、一昨年、息子が試合をした札幌のサッカー場の人工芝よりはるかに普通の芝に近い感触でした。特にサッカーでは育成世代やアマチュアの大きな大会でも、普通に人工芝で行われており、すぐ隣にある日吉サッカー場の芝グランドと合わせて3面が使用可能になると、函館でも全道、全国クラスの大会の開催も可能になります。

今まで、函館では大会に使えるグランドが少ないため、函館地区の大会でさえ大沼や江差、八雲やせたなに至るまで、渡島半島各地を”遠征”しなければならない状況でした。小6の息子の少年サッカーは今年で終了ですが、もっと前からあったら、家から歩いて行けたのに・・・。そんなことはともかく、新幹線開業年度の2015年にこのグランドが完成すると、函館アリーナと合わせて、多くのスポーツコンベンションの開催が可能になります。

今後、意見公募を経て修正が加えられるものと思いますが、管理棟なども充実させ、全国規模の大会を行うにも相応しいグランドになることを期待します。今まで函館に欠けていた誘客手段。各団体、今から大会誘致に力を入れなくてはなりません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 進化確信?大沼グレートラン | トップページ | JRA函館競馬・来年は24日間開催 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/55955518

この記事へのトラックバック一覧です: 北高跡地「日吉多目的グランド」概要固まる:

« 進化確信?大沼グレートラン | トップページ | JRA函館競馬・来年は24日間開催 »