« 光明!7度目の函館ハーフ | トップページ | 一瞬の秋 »

2012年10月 3日 (水)

大間の恐怖

取り上げたい話題が多すぎて何を書こうか迷っていましたが、いつかは触れなければならないと思っていた大間原発問題。出来レースともいえる建設再開に憤りを越えるものがあったので、持論を述べたいと思います。いろいろ複雑な問題が絡み合ってりるのは百も承知ですし、表に出ない利害関係もあります。私自身専門化でもないので、誤った見解があった場合はご容赦下さい。

Ooma ”建設中”の大間原発について、詳しく知っている方は函館市民でもそれほど多くないと思われます。MOX燃料というのをご存知でしょうか。これは通常の原発の燃料となるウランと、核兵器に使用され「人類が遭遇した最悪の毒物」ともいわれるプルトニウムを混合した燃料のことで、大間原発はこのMOX燃料のみを利用した世界初の商業炉となります。なぜ、世界初なのか。日本の技術が進んでいるからではありません。世界の”核”先進国がその危険性を承知しているからではないでしょうか。

原子力発電は二つの大きな問題を抱えています。ひとつはフクシマで明らかになった原発そのものの危険性。もうひとつは使用済み核燃料の問題です。使用済み核燃料には前述のプルトニウムが含まれます。このプルトニウムというのは、強い毒性を持っている上、半減期が2億4千万年と半永久的です。原発が続く以上、これら放射性物質を含む使用済み燃料が増え続けるわけですが、その処理方法というのが確立していません。人類の将来を考えるとその負の影響力は、火力で増えるといわれているCO2の比ではないのです。

その対策として考えられているのが使用済み燃料のリサイクルで、このプルトニウムを燃料とした場合、プルトニウムは半減期30年程の放射性物質に変わるため、その管理は大幅に緩和されます(2億年が大きすぎるだけだが)。そこでMOX燃料なのですが、このMOX燃料を作るのにも高い技術と費用がかかることは言うまでもありません。同じ下北半島六ヶ所村に使用済み燃料再処理工場があり、ここでMOX燃料を作る予定なのですが、今だ試運転段階。すなわち、六ヶ所と大間は初めからセットです。

ところで、再処理工場からは原発と全く違う基準で放射性物質を空中や海中に放出できることはあまり知られておりません。先日、青森沖のマダラから放射性物質が検出されたことが報道されましたが、多くの”知る人”はそれはフクシマからのものではなく、六ヶ所からのものではないかと感じたのではないでしょうか。

別な観点から言えば、原発というのはその冷却に多くの海水を利用します。一説には吸水と排水で水温が7℃も上昇するといい、これは直接生体系に影響を及ぼしかねません・・・津軽海峡の。さらに言えば原発は発電時にCO2を排出せず、環境にやさしいというのは大間違い。その燃料を作るときには大量のCO2も排出します。

さて、地震が頻発するこの地域にこれだけ危険な装置が造られようとしています。受け入れている青森県や各自治体には、それに見合うかどうかはわからないものの、巨額のお金や公共投資、経済効果が与えられています。その県庁所在地より近く、危険にさらされる40万弱の国民が住んでいる函館都市圏には何の補償も担保も与えられていません。三枚舌の今の政権には何の期待も致しません。次期政権に英断を期待します。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 光明!7度目の函館ハーフ | トップページ | 一瞬の秋 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
大間原発が特に恐ろしいことがよく分かりました。このままではFukushimaなんてものではないですね。函館、道南は壊滅です。日本全国の問題としても国会議員の方々にはしっかり函館、道南を守るために国会で、市民、市長とともに頑張っていただきたいです。

※すみません。チョット前、不慣れのために、関係ない記事(ハーフマラソン)にこのコメントをつけてしまいました。そちらは削除をしてください。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/55804607

この記事へのトラックバック一覧です: 大間の恐怖:

« 光明!7度目の函館ハーフ | トップページ | 一瞬の秋 »