« 夏マラソンの最高峰 ~”新”北海道マラソン~ | トップページ | 函館9月イベント情報 »

2012年8月29日 (水)

関東並みの残”酷”暑

例年であれば朝晩の気温が下がり始め、嫌でも秋の気配が漂うはずの8月下旬、季節はずれの猛暑は納まる気配はありません。函館では今日でこの夏11度目の真夏日。うち8日がお盆を過ぎてから記録されています。函館で真夏日が年間10日を越えること自体珍しいこと(近年増えているが)なのに、8月下旬にこれだけ真夏日が記録されるのは、ニュースでも言っておりましたが観測史上初めてのことです。以前も書きましたが、函館の気象台の歴史は百数十年、観測史上の重みが違います。

上、中、下旬の”旬”の記録を見ても、昨日まで8月下旬(8月21日~)の気温は最高気温の平均は30.3℃、日平均で25.8度です。明日、明後日もこの暑さが続くことが確実のようなので、8月下旬の(もしかしたら旬単位で)観測史上最高温度となることは間違いありません。ちなみにこの気温、栃木県宇都宮市の8月下旬の平年値とほぼ同じ、すなわち今年の函館の残暑は関東地方並みということです。

201208

上のグラフは、今年8月16日以降の函館市の最高、最低気温と過去の平年値を表したものです。北海道に住んでいる人でなければ「何だ、普通じゃん」と思うかもしれません。しかし、冷涼な気候に慣れた北海道民、しかも夏のピークを過ぎたこの時期の連日の暑さは相当堪えます。しかも”内地”とは異なり、家庭にエアコンが付いているのは少数派。多くの家庭は常時真夏日、熱帯夜です。断言しますが首都圏に住んでいた頃の方が、家の中は絶対楽でした。私は職場が幸いホテルであるため、日中は快適に過ごせていますが、夜は酷暑と格闘中。唯一の冷却装置、扇風機も温風機と化し、オリンピックが終了しても寝不足は解消していません。

明日の予想最高気温は32℃。週間予報でも9月上旬にも真夏日マークがついています。寒いよりは暑いほうが好きな私ですが、適度な暑さが長く続いてほしいと思うのは贅沢でしょうか・・・贅沢です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 夏マラソンの最高峰 ~”新”北海道マラソン~ | トップページ | 函館9月イベント情報 »

函館の気候」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/55533747

この記事へのトラックバック一覧です: 関東並みの残”酷”暑:

« 夏マラソンの最高峰 ~”新”北海道マラソン~ | トップページ | 函館9月イベント情報 »