« 港まつりにディズニーがやってくる! | トップページ | 五輪イヤー »

2012年7月23日 (月)

30km走

初めてフルマラソンに挑戦した一昨年、「フルの練習に不可欠」と言われた最初の30km走はLSD(ジョグより遅いペースで長く走るトレーニング)で行うも、25km過ぎで挫折。初めてガス欠というのを経験しました。ハーフまでならある程度練習し、足さえ持てば完走はそれほど難しくないと思いますが、フルは遥かに高いレベルでスタミナが問われます。10km走の延長感覚のハーフとは全くの別物であることを実感しました。その一昨年は1回(挫折を含めると2回)、2度目の挑戦となった昨年は3回、30km走を実施して本番に臨みましたが、今年は4~5回は行って、サブ3.5を目指すつもりでいます。

Dsc_0252気分転換も兼ねて、昨日走った私の30km走の定番コースを紹介します。函館市街地の外側を走る環状線、「産業道路」の外側にある自宅を出発し、津軽海峡に面する大森浜まで約4km。ここから函館ハーフマラソンのコースの一部で、もし日本のマラソンロード百選というものがあれば間違いなく選ばれるであろう”漁火通り”を函館山方向に向かいます(写真左)。左手に天気がよければ下北半島も望める砂浜の海岸線、正面に函館山という私的にはいつも見慣れた風景も、初めて走る人には絶景に映るかもしれません。

Dsc_0260 さらに走ること4km半、3つある函館市電の終着駅、市営谷地頭温泉がある函館山の麓、谷地頭電停を折り返し、再び漁火通りを今度は湯の川温泉方面に向かって走ります。”函館のダイヤモンドヘッド”汐首岬を望みながら、湯の川温泉のホテル街付近で約半分の15km、このあたりまでは比較的楽走できます。

Dsc_0265 ここから函館空港に向かうのですが、ターミナル方向には行かず滑走路と並行する道を走ります。この道が人も車も少なく、軽いアップダウンのある単調な直線。ドッと疲れが出るところです。この辛い道を北海道マラソンの仮想”新川通り”のつもりでイメージトレーニング(道マラを走った人しか分からない?)。滑走路の終わり付近で折り返すと約20km。ここで用意しているアイミノバイタルを注入します。これがなければガス欠確実、私の場合25km、時間では2時間半くらいがエネルギー枯渇のターニングポイントとなるようです。

Dsc_0271走った昨日は、”やませ”が吹いて、この時期としては肌寒いくらいの気候。しかしランニングには絶好のコンディションです。にもかかわらず、再々度漁火通りを走る残り5kmは両足痙攣寸前のヘロヘロ状態。前日ゴルフコンペの後、10kmのレースペース走を実施し、当日の朝は朝野球の試合で、40代半ばの体は限界に近かったのでしょう(アホか)。これも本番35kmから先のイメージトレーニングとして走りきりました。時間は2時間55分台、ラスト2kmはキロ7分近くなってしまいましたが、前週より8分早いゴールです。

不思議なもので、30km走は走るたびにタイムが上がります。マラソンを走る足とスタミナが確実に培われるのでしょう。この成果は来月26日、3度目の北海道マラソンに現れる”はず”です。尚、今年の道マラでは、所属する団体で作る「目指せ!2014函館フルマラソン」とプリントされたランシャツを着用して走る予定です。見かけた方は、”頑張れ”と一言お声掛けいただければ幸いです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 港まつりにディズニーがやってくる! | トップページ | 五輪イヤー »

函館にフルマラソン」カテゴリの記事

函館のスポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/55261869

この記事へのトラックバック一覧です: 30km走:

« 港まつりにディズニーがやってくる! | トップページ | 五輪イヤー »