« 第1回函館ハーフマラソン実行委員会フルマラソン検討部会 | トップページ | 今週末から函館競馬 »

2012年6月 4日 (月)

借り物競争

Dsc_0182初夏というべきか晩春というべきか、この時期、北の大地は運動会シーズンです。早いもので長男が入学してから6度目の運動会、ついこの前、入学したばかりだと思っていたのに、彼にとっては最後の運動会となりました。いつもはくじ運無く、後方から見学する我家でしたが、抽選によって6年目にして初の最前列となり、お陰で移動することなくのんびり子供達の活躍?を見届けることが出来ました。

我が子達の運動会は、一部PTAによる球入れがプログラムに組まれている以外に親の出番はありません。気楽に年に一度の”ピクニック”を楽しむつもりでいましたが、最前列に座った今年は勝手が違いました。午後に行われた高学年による「借り物競争」。スタートした生徒が札に書かれてある”物”や”人”を、保護者席から借り、もしくは連れてゴールする競技です。そしてその物や人を提供するのが、最前列の役目です。

要領を得ず寝そべって見ていると、「青っぽい服を着た人」の札をもった女の子が探しに来ました。青っぽいどころか真っ青のウェアを着ていた私は、何もできずかわいそうな思いをさせてしまいました。「美人のおかあさん」という札に、颯爽と出て行った息子の友人の母にも刺激され、今度該当することがあったら出て行ってやろうと靴を履いて待つことにしました。

早速、「6年生のお父さん」という札を持った男の子が。小学生といえど高学年になるとその走力は大人並、いや確実に中年以上です。結構な心拍数になって帰ってくると、「A型の人」。嫁につつかれやむを得ず連闘。さらに戻ってくると再び「6年生のお父さん」。この時は既に周囲から指をさされ、走らざるを得ない状況に。全力50m走3本に、めでたくリレーの選手に選ばれた次男が走るころにはヘロヘロになっていました。

運動会で走ったのはいったい何時以来だったか。息子の幼稚園は玉ころがしだったので、間違いなく小学生の時以来でしょう。帰り際、知り合いに「ご活躍でしたね。」と声を掛けられ恥ずかしかったこと。それでも、こんなことが出来るのもあとわずか。運動会に小さな幸せを感じました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 第1回函館ハーフマラソン実行委員会フルマラソン検討部会 | トップページ | 今週末から函館競馬 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 借り物競争:

« 第1回函館ハーフマラソン実行委員会フルマラソン検討部会 | トップページ | 今週末から函館競馬 »