« 初夏の道南 | トップページ | 玉砕!青森ハーフVol.4 »

2012年6月28日 (木)

函館アリーナ基本設計案

昨日、2015年度にオープンが予定されている函館アリーナの、基本設計案の概要が公表されました。詳細な設計図などを目にしたわけではありませんが、新聞紙上に書かれているところから判断すると、素案段階で懸念していたことは概ね払拭されている内容となっています。

Arina1

一番注目していたのは固定席の数でしたが、その数約2100、仮設席と合わせると5000席規模となり、”ぎりぎり”合格ラインといえるでしょう。これだとジャニースは無理でも、これまで市民会館には来てくれなかった著名アーティストのコンサートや、来たくても来れなかった大規模な学会などのコンベンションの誘致も可能となります。また、函館商工会議所青年部が青森マエダアリーナを視察して指摘していた「可動席」の無駄も考慮されたようで、イニシャル&維持管理コストの削減も図られます。

さらにメインアリーナは11トントラックの搬入も可能な設計で、スポーツ大会はもちろん、コンサートや会議だけではなく展示会なども行えるようになるようです。十分とはいえませんが、少ないスペースの中、駐車場の収容台数も4割増やし、最低限の大型バス待機場も設けた設計となっています。

固定席の配置方向、サブアリーナの内容など気になる部分の詳細はまだわかりませんが、十分な数の会議室も設けられるようで、今まで函館に無かった待望の大規模コンベンション施設となることは間違いありません。今後、全道全国規模のスポーツ大会、集客力のあるアーティストのコンサート、3000名を越すコンベンションなどが、現状より年間10日でも多く開催されるだけで、その経済効果は莫大になると思われます。これは、我々観光業に携わっている人間ならずとも、いずれ実感できるようになるはずです。

将来の函館にとって、新幹線開業と並ぶ、そして相乗効果が大いに期待できる明るい話題です。完成後、建設費を根拠とした反対派の声は消えて無くなることでしょう。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 初夏の道南 | トップページ | 玉砕!青森ハーフVol.4 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

函館にアリーナ!
待ちに待ってました!!

FBでシェアしてもよいでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/55069987

この記事へのトラックバック一覧です: 函館アリーナ基本設計案:

« 初夏の道南 | トップページ | 玉砕!青森ハーフVol.4 »