« フルマラソン大会創設への道(2) | トップページ | いつでも鯨が食べれるお店 ~近隣店紹介~ »

2012年3月11日 (日)

3・11

一年前のもう少したった時間、尋常ではない揺れを感じ、これは只事ではないと直感しました。テレビを点けると大津波警報が。そして程なく、現実とは思えないショッキングな映像が流れてきました。それからの24時間、私も人生で最大の自然災害を経験しました。

20120311_094908とはいえ、身内や友人を亡くした方、家や仕事を失った方、今尚自ら住んでいた場所に戻れない方々に比べれば、多少傷を引きずりながらも、震災前とほとんど変わらない生活を送れている私など、3・11に対する思いなど簡単に語ることはできません。

「忘れてはいけない」と良く言われますが、忘れるまでもなくこの日本列島に住んでいる以上、常に地震や津波に対する警戒は持ち続けなくてはなりません。500年とも1000年に1度とも言われる今回のような広範囲な大災害は別としても、局所的にはいつ壊滅的な被害を与える大地震が起きても不思議ではないと言われています。それが、もし首都圏のような人口集積地であったら、被害規模はこのたびの震災の比にならない可能性も”忘れては”なりません。

こんな言い方をしたら失礼かもしれませんが、これだけの大災害の割に犠牲者の数は少なかったと思ったのは、口に出さなくとも私だけではないと思います。それはおそらく、この度の被災地は歴史上に幾度も同様の災害にあっており、少なくとも他の地域よりは覚悟と備えがあったからではないかと推測します。一方、狭い島国でありながら中央集権的な国策で、効率を求める余り、世界でも類稀な人口集積をみる首都圏や近畿・中京圏などで大規模な自然災害が起こった場合、犠牲者や被害の数や額もさることながら、国そのものの機能が失われてしまう可能性も、このたびの震災で予見されました。

道州制とは言いませんが、このたびの震災を機に、人も制度も一極集中というリスクを回避する国策に舵を切る必要性を感じましたが、残念ながら、そのような議論がなされる兆候は見られていません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« フルマラソン大会創設への道(2) | トップページ | いつでも鯨が食べれるお店 ~近隣店紹介~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3・11:

« フルマラソン大会創設への道(2) | トップページ | いつでも鯨が食べれるお店 ~近隣店紹介~ »