« ラストシーズン | トップページ | この雪、いつ消える? »

2012年3月 2日 (金)

LCC元年・・・函館観光に逆風か?

Peach国内初となる本格的LCC(格安航空会社)、ピーチ・アビエーションの第1便が関空⇔千歳間に就航しました。ピーチは関西国際空港を拠点に、千歳の他、福岡、長崎、鹿児島、那覇と、アジアの主要都市との間での就航が予定されています。今年は、ピーチの他にもジェットスター・ジャパンやエアアジア・ジャパンといった国内大手が出資したLCCが、成田を拠点に国内外の主要都市との間に就航することが決まっています。

世界的には、10年ほど前からビジネスモデルが確立されていたLCCですが、鎖国的な航空行政をとってきた我が国は、外圧によって規制を緩和せざるを得なくなったというのが現実のようです。ともあれ、LCC元年ともいえる今年、航空業界のみならず観光業界全体に大きな変化が起きることが期待、あるいは懸念されています。

第一に挙げられるのは、言うまでも無く価格破壊です。LCCとLCC以外の住み分けが出来るというのは理想論で、LCCが就航した路線は安い方に人が流れ、結果、既存の航空会社も料金を下げざるを得なくなるのは目に見えています。

また、LCC先進国の例からは、旅行会社向けのみに流通されていた団体用格安航空券のパックツアー販売というビジネスモデルが消滅することが予想されています。既に、ホテルも航空券もネットによる直販が主流になっており、旅行代理店への航空券販売手数料も引き下げ、もしくは廃止の方向へ動いています。誰もが不思議に思う、正規の片道航空券より安い2泊3日のパックツアーなるものは無くなるというより、利用者が自ら組み合わせて作ることになるでしょう。旅行代理店にとっては厳しい時代が待っています。

では観光都市函館にとって、LCCはどう影響するのでしょうか。当面、当地にはLCCが就航する予定はありません。千歳経由というのも考えられますが、特に国内の場合、千歳インアウトで観光するのは、札幌オンリーか、移動しても道央、道東方面が主流となるものと思われます。観光の場合、どうしても遠くへ行きたい心理が働くものです。また、函館便が割高に見えるようになるだけではなく、LCCが就航する九州の地方都市との競争力も無くなり、メリットを享受するためには、当地にLCCが就航するのを待つしかないと考えています。

もっとも、座席数が限られるLCCの影響度は、当初それほど懸念すべきものではないかもしれません。むしろ、旅行会社への依存度が低い当ホテルのような小さなホテルには追い風も少なくありません。また、旅行代理店が飛行機を利用させるメリットが減ってきていることから、沖縄に目が向いていた関東地方の修学旅行を、東北新幹線を利用して函館を含む東北、北海道へ変更させる動きも出ていると聞いています。

いずれにせよLCCの国内本格参入によって、観光業界は大きな変革期を迎えていることに変わりありません。街も企業も、流れを分析して的確な対応をとることが求められます。新幹線のことだけ考えれば良いという時代ではありません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« ラストシーズン | トップページ | この雪、いつ消える? »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/54121297

この記事へのトラックバック一覧です: LCC元年・・・函館観光に逆風か?:

« ラストシーズン | トップページ | この雪、いつ消える? »