« 47時間の海外旅行 | トップページ | 口コミ偏重の落とし穴 »

2012年1月 3日 (火)

どうなる?2012

新年明けましておめでとうございます。

P1030746今年も、昨年に続いて大変穏やかな元日でした。いや、体感的には昨年以上。その為、一昨年来、自分の中で恒例となっている元旦の走り初め、10kmランではすっかり汗だくになってしまいました。この気候のせいか、毎年初詣を行う函館亀田八幡宮の境内へ向かう人の列も、間違いなく今まで見た中で最長。年々、この列が長くなっていると思うのは気のせいではないようです。高齢化で、信心深い人の比率が増えたのか、はたまたこのご時勢、もはや神頼みしかないのか、人口減少著しいこの街で、毎年伸び続ける数少ない事象です。

お参りの後に引いたおみくじは、これも昨年に続いて「大吉」。昨年は、未曾有の震災があり、自分にとって決して大吉な1年ではありませんでしたが、このような環境の中でも何とかやってこれたのは、十分大吉に値することかもしれません。今年のおみくじの”願い事”の欄には「己を信じて行動すれば、不思議な助けがありて叶う」とあり、多くの願い事がある私にとって気分が良くなる年の初めとなりました。困難なことも、きっと誰かが助けてくれると都合よく考えることにします。

さて、マヤ文明では人類終末論もある2012年はどんな年になるのでしょうか。昨年のような想像を絶する自然災害など無いことを信じますが、国内外の経済は混迷を極めるものと考えています。ユーロ問題の解決の糸口が見えない中、その舵取りを誤ると、ヨーロッパだけではなく、サブプライムショック以降も過剰な借入によって支えられている米国景気の逆流が起こり、負の連鎖が一瞬のうちに世界中に拡大することも十分にあり得ます。借入に依存して現在を取り繕っているのは、欧州諸国や米国経済だけではありません。日本という国も同様です。過去数十年、通用してきたシステムが、世界的に通用しなくなってきています。どういう形で破綻するのか。それが今年かどうかわかりませんが、ソフトランディングは難しいと考えます。救いは、バブル的な勢いから調整を続けているアジア大陸経済に回復の余地があることでしょうか。アジアへの覇権移譲が明確となる1年かもしれません。

不安から難しい話となってしまいましたが、私は会社の安定的な経営と地域経済のために、自分のできることをコツコツとやっていきたいと考えています。このブログも週3目標に継続的に更新していきたいと思いますので、本年もご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 47時間の海外旅行 | トップページ | 口コミ偏重の落とし穴 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/53642614

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる?2012:

« 47時間の海外旅行 | トップページ | 口コミ偏重の落とし穴 »