« 今世紀最低!! | トップページ | 特別寒い冬? »

2012年1月15日 (日)

原発事故賠償金入金

昨年末、当社の銀行口座に想定外の十数万円の入金がありました。振り込んだのは東京電力。そう、原発事故に係る観光関連業者を対象とした損害賠償金が支払われたのです。

Dvc00263直接的被害が大きかった3県を除く観光業界への補償は、震災前に入っていた外国人客の予約のキャンセルが対象となります。当ホテルでは金額にして30万円弱。この金額がすべて補償の対象となる訳ではなく、いくつもの条件が加えられ(詳しくは11月25日のブログ)、結局このたび振り込まれた十数万円を請求していました。

8月の新聞記事で我々の業界も損害賠償請求の対象となることを知り、早速、東京電力に問い合わせて書類を申請。前記ブログに記述した作業で補償の対象となる金額を計算して請求したのが11月下旬。それからちょうど1ヶ月で賠償金が振り込まれました。添付した書類は、あまりにも煩雑で求められた物を十分に満たしていないことを自覚しており、もしかしたらより詳しい書類を求められることも覚悟していました。これがエコポイント事務局だったら、送った書類すべてを送り返されていたかもしれません。ただ、内容はほぼ事実であろうことを認定できるもの。おそらく、多少の漏れがあっても余程疑わしくなければ、意外と容易に申請書類は認定されるものと思います。

震災後にキャンセルになった外国人客の多くは、原発事故よりも地震や津波の被害を懸念してのことだと思っています。本当に補償対象となるべきものは、原発事故が無ければ間違いなく来るはずであった夏場以降の外国人観光客の宿泊費です。函館の場合、9ヶ月以上にわたりソウルとの定期便が運休となり、アジア諸国からのチャーター便も激減しました。この他、他地域経由で当地にやってくるはずだった外国人のうち、当ホテルに宿泊するお客様の比率から賠償金を計算したら、少なく見積もってこの度の入金の十数倍にはなったはずです。

東電の賠償金支払いの対応に文句はありません。地震や津波も天災であり避けられないものであったでしょう。ただ、2度と原発事故のような人災を起こしてはなりません。どれだけ多くの人達が被害を被っているか知らしめる為にも、損害がありながら請求を出していない同業の方がおりましたら、申請すべきだと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 今世紀最低!! | トップページ | 特別寒い冬? »

ホテルニューオーテからのお知らせ」カテゴリの記事

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/53742187

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故賠償金入金:

« 今世紀最低!! | トップページ | 特別寒い冬? »