« 初雪 | トップページ | 雪化粧 »

2011年11月17日 (木)

労使交渉

Hakodate28当社のことではありません。工藤函館市長は、市職員の給与を12月から一律10%削減し、退職手当も来年にかけて最大20%削減するとの方針を発表しています。当初、この件に関する労使交渉を公開する意向でしたが、組合側に受け入れられず、その代わり交渉の内容をHPで公開することになりました。既に交渉は3回ほど行われているようですが、その詳細を記したページを簡単に見つけることができません。後ろめたさがあるのでしょうか、市民にとっても関心の高いところですが、函館市のトップページには何の形跡もなく、相当深く検索していかなくてはなりません。

・・・と、いうわけでこちらにリンクを貼ります。

このブログ、多くの市職員にも読んでいただいているということで、余り、とやかく言うと職員に敵を作り、いろいろな仕事がやりづらくなってしまうのですが(既に敵は多いと思うが)、これだけは見逃せませんでした。給与うんぬんのこと以前に、11月14日の交渉で組合側は、財源が不足する中で新規施策を行うことに異を唱えていますが、こんなの問答無用。公僕の端くれにも置けない人物の発想です。財源が足りない時は、継続事業だけ行っていれば良いのでしょうか。取捨選択しながら、街の将来のために施策を考えるのが行政の仕事です。このような考え方が、民間の反感を買い、閉塞感を生んでいるのです。

労使交渉においての、組合の理論武装に憤りを唱えると、際限が無くなりそうなのでこれくらいにしておきます。市長によると11月17日、本日が12月から給与削減が実施できるか否かのリミットだそうです。どのような、結論が出るのか。函館が北海道のギリシャにならないよう、市民は注目しています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 初雪 | トップページ | 雪化粧 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

10パーなんて 甘いと思います。どこから出た数字か知りませんが、自らお金を稼ぐことの無い人たちには期待しても無理だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/53266160

この記事へのトラックバック一覧です: 労使交渉:

« 初雪 | トップページ | 雪化粧 »