« 復調続くか?函館観光 | トップページ | 函館うまい店 ~中華料理編(2)~ »

2011年9月 9日 (金)

原発事故賠償請求

ひと月程前、福島原発事故に関連し、観光業の場合直接的な被災地でなくても外国人客の解約に伴う損失に関しては賠償の対象になるとの新聞記事が出ていました。とあるルートを使い、我々も対象になるのか調べたところ、やはり可能性があるらしいとのこと。まずは聞いてみろということで、フリーダイヤルの電話番号を教えてもらいました。

Dvc00249 掛けども掛けども繋がらないコールセンターに電話し続けること数日、ようやく繋がった相手に、事前に貰っていた資料を基に、これは賠償の対象になるのか尋ねたところ、あまり要領の得ない答え。最もあまりにも賠償の対象が多く、しかも複雑なため電話の担当者も十分な知識を持っているとは思えません。ではどうすれば良いかと尋ねると、まずは「被害概況申出書」というものに、簡単に被害状況とその金額を書いて東京電力㈱に送ってくれとのこと。早速、ホテル旅館協同組合加盟施設分の書類と返信用封筒を送ってもらいました。

賠償の対象となる可能性があるのは、震災後5月末日までの外国人客のキャンセルによる直接、間接的な被害被害額。単純にキャンセルされた客室料の合計を調べたところ、当ホテルでは二十数件、金額にして30万弱。小さな当ホテルには、決して少ない金額ではありません。

もちろん、これがすべて原発事故のせいだとは思いません。むしろ地震そのものやそれに伴う津波の影響が大きいものと思われます。しかし、原発事故のせいで我々業界はどれだけの損失を被ったか。取れるものは取ってやろうなどという考えは毛頭もありませんが、賠償すると言っている物に対し、何もアクションを起こさなければ、地方の観光地は別に大丈夫だったんだ、放射線は観光都市函館に大きな影響を与えていないんだと思われかねません。どの程度補償の対象になるのか、支払われるとしてどれくらいの期間がかかるのか想像もつきませんが、被害概況申出書に記入し、東京電力に送り返しました。

この街に外国人観光客はかつてほど見当たりません。これは間違いなく、原発事故の影響です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 復調続くか?函館観光 | トップページ | 函館うまい店 ~中華料理編(2)~ »

ホテルニューオーテからのお知らせ」カテゴリの記事

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/52686457

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故賠償請求:

« 復調続くか?函館観光 | トップページ | 函館うまい店 ~中華料理編(2)~ »