« 北海道少年サッカー考察 | トップページ | 2011夏の函館イベント情報 »

2011年7月 4日 (月)

やはり来ない ~「大人の休日」青森止まり~

Dvc00224 昨日、2年連続3度目となる青森マラソン(ハーフ)に出場してきました。子供のサッカーと野球でプライベートが多忙のため、今年初の大会参戦です。昨年、最初の1kmを4分を切るタイムで突っ込み、3km過ぎの上り坂で早くも失速、見事玉砕した経験を踏まえ、綿密に作戦を立てました。最初の1kmは4分30秒くらいでゆっくり入り、3~5kmのきつい登りを、キロ5分を切れれば良し。そこから先の下りでペースアップし、キロ4分30秒以内維持で15km地点まで。残り6kmは根性あるのみで、1時間35分位でゴール出来れば上出来と。

昨年より後ろの位置でスタートし、予定通り突っ込まずに入ったのですが、1km通過は4分10秒。練習ならヘロヘロになるタイムですが、これが大会の不思議なところです。サブ90ペースで3kmを通過し、過酷な上り坂もキロ4分40でまとめ、余裕残しで下りへ。霧が出て気温もあまり上がらなかったせいもありますが、昨年とは雲泥の差。3回目でコースを熟知した成果でもあります。10km通過も44分台で昨年より2分早く、その後も4分30前後を維持。このコースの二つ目の鬼門、ベイブリッジのアップダウンでさすがにペースダウンしましたが、ラスト1kmを4分5秒とスパートし1時間37分でゴール。自己ベストには遠く及びませんが、函館ハーフより5分以上掛かる(私の場合)過酷なコース、ケガ明けのこの時期としては上々の出来、9月のサブ90が見えてきました。

ところで、前置きが長くなってしまいましたが、今年の青森遠征、昨年と決定的に違うことがありました。青森⇔函館間を結ぶ「スーパー白鳥」が、行きも帰りもガラガラなのです。昨年、JR東日本のヒット商品「大人の休日倶楽部」が行われていて、特に帰りの函館行き特急が立錐の余地もなかったことは、このブログでも紹介しました。今年も「大人の休日倶楽部」は行われていますが、昨年までその”乗り放題区間”が函館も含まれていたのに対し、今年はJR東日本管轄青森県内止まり。首都圏から函館を訪れるために、追加で青森函館往復切符5500円を支払っても通常よりかなり割安なのですが、やはり函館まで足を伸ばす人はほとんどいないようです。

青森市内は”オトキュウ(大人の休日の略称)”効果で年配の方が多く、泊まったホテルも学生の水泳大会などもあったようで混みあっていました。もちろん土曜日ということもありますが、こちらは明らかに昨年以上です。一方、昨年この時期、金、土、日はほぼ満室だった当ホテルは、土曜日こそそこそこ埋まりますが、他の日はさっぱり。オトキュウ期間に限れば、おそらく半減に近い入込減となる”勢い”です。

先日発表された、日銀の地域経済動向では、函館地区主要ホテル宿泊者数5月の対前年同月比は、14%のマイナスと3,4月よりマイナス幅が縮小していますが、6,7月は再び悪化すること間違いないと思います。震災に加え、人気商品からの除外のダブルパンチ。この先、北海道全域まで利用できる拡大オトキュウもありますが、同一料金なら出来るだけ遠くに行きたくなるのが人間心理。函館に有利に働くとは思えません。

以前も書きましたが、今年の函館観光、逆風は想定以上に強くなりそうです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 北海道少年サッカー考察 | トップページ | 2011夏の函館イベント情報 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/52117976

この記事へのトラックバック一覧です: やはり来ない ~「大人の休日」青森止まり~:

« 北海道少年サッカー考察 | トップページ | 2011夏の函館イベント情報 »