« なでしこの朝 | トップページ | 今年もやってます「宝探し」 »

2011年7月20日 (水)

函館のおかしなところを探せ!

普段生活している分には、あたりまえになってしまっている事でも、外の目、特に観光客の目からは明らかにおかしい、不便に感じることは意外と多いものです。このたび、観光協会のとある委員会の委員長に就任した私は、その立場を利用?して、その”おかしなところ”を是正していくことを決意しました。

委員会メンバーに、観光客から見て函館の不便なところ、ホスピタリティに欠けているところを挙げてもらったところ、出てくる出てくる変な函館。以前、このブログでも指摘した函館駅西口の押しボタン信号もそのひとつですが、他に具体例を挙げると、函館駅前通りの”バス専用レーン”。

Dvc00226 駅前電車通り、片側2車線のうち左側車線はエンジ色にカラーリングされ、時間指定でバス専用レーンと書かれています。しかし、この車線には駐停車(違法)する車も多く、ほとんどのバスは専用レーンを走らず、右側車線を走ります(写真)。さらに、危険なのはボーニデパート前バス停先、駅前交差点です。すべての路線バスはここを右折するのに、交差点手前まで左側車線がバス専用レーンとなっているため、他県ナンバーの車やレンタカーは右車線に入って左折しようとすることもあり、私はしばしば危険な目に遭っています。おそらく、駅前ロータリー改修前の名残りだと思いますが、誰が見てもおかしなところです。

この他、わかりずらいバスの1日乗車券と電車・バス共通券の利用範囲、正月に休みとなる市管轄の観光施設、何でこんなところで通行止めにするのかわからない観光地周辺の道路規制など、あるある観光都市函館のおかしなところ。しかし、最も早急に取組まなくてはならない問題は、このたびミシュランガイド三ツ星認定を受けた函館山のことです。

以前から問題となっていたことですが、函館山ロープウェイは10月中旬から下旬にかけて、点検のため営業を休止する期間があります。この間、通常は規制している一般車輌の登山道進入が解除されるため、週末など大渋滞となり、観光客が乗ったバスやタクシーも山頂までの往復に数時間も要することがあり、ホテルなどに多くの苦情が寄せられています。昨年は、大事には至らなかったものの、タクシーで山頂を目指していた観光客が心臓発作を起こし、危険な状態にも関わらず下山することすらままならなかったことがあったと聞きました。危機管理の問題としても、函館観光ステータス維持のためにも、今すぐ取組まなければならない問題だと思います。・・・と、いうか週末だけでもバスやタクシーなどの営業用車輌を除いて、通常通り時間帯で交通規制をかければ良いだけの話だと思うのですが、なぜか遅々として進みません。今、他団体が要望を出すということなので、少し静観するつもりですが、進展が無ければあらゆる手段と立場を利用して、是正に動くつもりです。

観光都市のホスピタリティを上げるためにやらなければならないこと、意外と多いことに気付かされました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« なでしこの朝 | トップページ | 今年もやってます「宝探し」 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

函館市や函館山は バスやタクシー観光客で生活している人だけの物でしょうか?

よく 読ませてもらっていますが 今回の話しは 短絡すぎるような気がします。
でしゃばりな意見ですみません。

お仕事頑張ってください。

地元の人にとっては函館山に登る車は
騒音問題にも繋がるようです
個人的には山には興味がないので
一切入山禁止でも構いません

別に観光客によくしたところで
自分の所にメリットは発生しませんので

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/52259179

この記事へのトラックバック一覧です: 函館のおかしなところを探せ!:

« なでしこの朝 | トップページ | 今年もやってます「宝探し」 »