« スポーツの力 | トップページ | 北海道新幹線開業への槌音 »

2011年5月20日 (金)

消えた外国人

Dvc00004 観光関連の会合があって、1泊2日の札幌出張。思えば震災の影響もあって出張自体、本当に久しぶりです。その久々に訪れた札幌に、明らかな違和感を覚えました。駅にもホテルにも街のコンビニにも、多いときはここは本当に日本かと思うこともある、アジア系外国人の姿が全く見えないのです。函館も同じような状況ですが、その絶対数が圧倒的に多い、日常と違う土地を訪れて、改めて現実を知らされた思いです。

桜の開花が重なる函館のGWは、元々春の暖を求める道内観光客が多く、そのため本州や外国の観光客が目減りしてもそれなりの集客があり、比較的入込は好調でした。道内の他の観光地は、日並びがよかったにもかかわらず、震災の影響を引きずり前年比で大きく落としたところも多く、全道各地から集まった宿泊関係者から羨ましがられましたが、これはあくまでGWに限った話。自粛ムードが落ち着いたかの報道とは裏腹に、GW後はプロ野球開催のあった先週末を除き、超閑散に逆戻り、ザックリ前年比3割減といったところでしょうか。

それもそのはず、当ホテルの場合、宿泊客の5~10%を占める外国人はゼロに等しく、この部分が初めからマイナス。さらに、新幹線新青森開業で期待していた東北、北関東からのお客様が大幅に減っているので、入込が落ちるのが自然な姿です。自らや身内が命を落としたり、すべてを流されてしまったりした方だけでなく、車や家財の一部などに少なからぬ被害があった方は数十万人では効かないでしょう。このような方々が、観光を考えられるようになるには相当な時間が必要なのは言うまでもありません。

一部、外国の旅行会社が日本ツアーを募集したり、チャーター便が再開し、当ホテルにも外国人からの先の予約が入り始めましたが、例年からみるとまだほんの一部で、好材料ととらえるニュースほど好影響は出ていません。これから、夏までの入込がリアルな数字で、それを受け入れた上で、我々東日本の観光業界は相当な覚悟をもってこの1,2年、商売を続けていかなければなりません。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« スポーツの力 | トップページ | 北海道新幹線開業への槌音 »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/51720141

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた外国人:

« スポーツの力 | トップページ | 北海道新幹線開業への槌音 »