« 函館にJチーム! | トップページ | ノートPC逝く »

2011年3月21日 (月)

普通の生活

Dvc00188_2 例年より早く、3月上旬に積雪がゼロになった函館は、その後もまとまった雪が降ることもなく、市内のグランドでは早くも野球やサッカーの球技が普通に出来るようになりました。昨日は、次男が入団を希望している少年野球チームから練習見学のお誘いがかかり、小学校のグランドへ。子供達は和気藹々とノックやティーバッティングを楽しんでおり、次男も早く仲間に入りたい様子。問題は、私なんかが子供の頃とは違い、練習試合や大会など遠くで開催されることも多く、当然親も同伴になります。一人だけなら良いのですが、長男は別競技、少年サッカーをやっており、しかも道大会を狙う強豪チームのため、こちらも遠征はつきものです。今年は父母分担での対応となりますが、我が家のカレンダーから休日が消えることは確実です。

ところで、このように道南の春は北海道の中では早いため、春休みには小学生から社会人まで、野球やサッカーのチームが遠征に訪れ、練習や試合を行います。このようなスポーツ合宿は、当地の観光産業に少なからず貢献しており、こういうご時勢だからこそ自粛とは言わずどんどん来て頂きたいものです。

地震の直接的な被害がほとんど無かった福島県の知人から、周りから生活必需品が無くなっていくのが目に見えて分かると聞きました。交通網の混乱や買占め行動以上に、原発の風評被害で、福島に人も物も入ってこなくなったというのです。もちろん非難勧告地域に住んでいるわけではありません。

このたびの震災で、直接被害にあった方以外でも、日常であった行動がとられてないために、生活や商売に大きな影響が出ています。復興のための支援や、節電などの取組みは当然ですが、必要以上の警戒や自粛ムードは日本の復興を遅らせてしまうような気がしています。子供のスポーツに使う時間配分を気に掛けるような普通の幸せを、被災した方により早く取り戻してもらうためにも、普通に生活できる人は普通に生活することを心がけるべきではないかと思うこのごろです。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 函館にJチーム! | トップページ | ノートPC逝く »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館の気候」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/51180194

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の生活:

« 函館にJチーム! | トップページ | ノートPC逝く »