« 新幹線函館延伸への課題 | トップページ | アジアのバルセロナ »

2011年1月28日 (金)

江差測候所の怪

20110128160000 不思議に思っていたことがありました。私は毎日、気象庁のHPを通じ道南の気象状況をチェックしているのですが、日本海に面する江差町の積雪量が極端に少ないのです。今年だけのことではないのですが、実際に当地を訪れてみると結構な雪があります。江差町の測候所は海に近い所にあり、風が非常に強い為局所的に雪が積もりにくくなっているのではないかと、勝手に想像していました。

過去の記録を調べてみると、月別の積雪深のランキングでは1960年以前のものが上位10傑を占めます。以前、新聞に江差町の積雪が昔に比べて極端に少なくなったとの記事を見たことがありますが、調べてみると1979年に町内の観測地点が変更されており、単純に過去と比較できるものではないことがわかりました。江差町は町の起伏が激しく、海岸沿いと丘の上にある中心部では、距離が近くても気象環境は大きく異なります。それにしても、隣町の厚沢部町や乙部町は記録的な大雪で、ところによっては1mを越す積雪があるのに、雪雲が通過した後でさえ、北海道のそれも日本海に面する町の積雪がほとんど0なのは不思議でした。

先日、函館新聞に江差町の積雪の記録が実際の体感と異なり、積雪深は除雪の予算にも関わってくるので問題だとの記事が載りました。江差測候所では4年前から無人化になっています。記事を読んで誰かが調べたのでしょう。今朝の同紙の朝刊に、実は無人計測を行っている江差測候所の計器にトラブルがあり、正しいデータが送られていなかったことが判明したとの記事が1面に掲載されました。気象庁のHPでは江差町の積雪量が急に増加し、数日前から1ヶ月前に遡ってデータを欠測に訂正しました(欠測の理由は記されていません)。やはり、おかしいものはおかしいのです。私の見る限り、昨年も一昨年もおかしい(不思議)と思うことがありました。今となってはわかりませんが、おそらくデータが誤っていたものと思います。

気象に限らず、おかしいと感じるものは指摘しましょう。地方紙のヒット記事だと思います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 新幹線函館延伸への課題 | トップページ | アジアのバルセロナ »

函館の気候」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/50710293

この記事へのトラックバック一覧です: 江差測候所の怪:

« 新幹線函館延伸への課題 | トップページ | アジアのバルセロナ »