« 東北新幹線新青森駅開業 | トップページ | 函館朝市の進むべき道 »

2010年12月 6日 (月)

16時07分

0002 毎年大体この時期、正確には12月3日から12月15日までの約2週間、函館の日没時刻は1年で最も早くなります。それが16時07分(追記:一部に16時06分の表記がありますが、四捨五入的な解釈の差のようです)。これより早くなることも、遅くなることもありません。以前も書きましたが、冬至にかけて日没時刻は少しづつ遅くなっていきます。これは日本全国共通の現象です。冬至の日の日没時刻が一番早い訳ではないのです。

逆に日没時刻が最も遅くなるのは夏至の頃からの約2週間。函館の場合19時16分です。これも、毎年変わることはありません。函館山からの夜景は、日没直後が一番美しいと言われています。夜景を観るときは日没時刻を調べておくのが良策です。

ちなみに、クリスマスファンタジー期間中(12月1日~12月25日)、会場では毎日6時に花火が打ち上げられます。この時間帯に標高334メートルの函館山山頂にいると、珍しい眼下の花火を観ることができます。少し早めに山頂に上り、日没直後の美しい夜景を堪能し、一休みしてから眼下のファンタジー点灯式を眺めるのも、この時期の函館の楽しみ方のひとつです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 東北新幹線新青森駅開業 | トップページ | 函館朝市の進むべき道 »

函館の気候」カテゴリの記事

函館の見所・観光施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/50226425

この記事へのトラックバック一覧です: 16時07分:

« 東北新幹線新青森駅開業 | トップページ | 函館朝市の進むべき道 »