« ワイファイ? | トップページ | 函館うまい店 ~こってり系みそラーメン編~ »

2010年11月19日 (金)

新幹線試乗会

東北新幹線新青森駅開業まで2週間余りとなった昨日、新青森⇔八戸間の新幹線試乗会に参加してきました。その様子を写真で紹介します。

Sin13 新幹線新青森駅(写真左)は、奥羽本線新青森駅のホーム(同右)と高架でクロスする形で造られました。新青森駅が開業すると、函館を出発したスーパー白鳥は、青森駅で一度スイッチバックし、この奥羽本線のホームに到着することになります。

Sin15 真新しいコンコース(左)と、まだ建設中の在来線乗換口(右)。新青森駅から函館へ向かう人は、ここを通って特急に乗り換えます。

Sin12新青森駅から見た青森市街。新青森駅は青森駅から4km程離れた ところにあります。ちなみに、駅周辺には殆ど商業施設は立地していません。駅の裏手は以前から宅地造成を行っていますが、こちらもあまりうまくいっていないようです。市街地から比較的近いこともあって、新幹線を利用する青森市民は、JRで青森駅へ向かうよりここから車やバスで自宅や会社に向かうケースが多いと思われますが、それでも商業施設建設の魅力は乏しいということでしょうか。市街地から18km離れた新函館駅(仮称)は尚更のことでしょう。

Sin14_2 まだ”未使用”のホーム。随所に見られるベンチは青森産のヒバを使用しているとのことです。この駅の特徴です。

Sin04 14番線に試乗車「はやて」が入ってきました。新型車輌「はやぶさ」は、来年3月5日からの導入が決まっています。

Sin17 新設された途中駅「七戸十和田駅」(左)までは約15分。観光地十和田湖や下北半島へ向かう人はこの駅を利用することになります。この駅前も、道の駅と馬の牧場以外何もありませんでしたが、一角には「イオン建設予定地」の看板が立っていました。新駅近くに新設した郊外型商業施設が成功を収めた例もありますが、周辺人口の少ないここは如何なものか?

八戸駅(右)までは約30分。在来特急の半分、あっという間でした。やっぱり速い。

Sin16 最後に、いずれ北海道につながる高架(左)と、その先にある車輌基地(右)。窓越しの写真では表現できないほど大きな基地でしたが、新函館駅(仮称)に造られる車輌基地はこの6~7倍の面積になるのだと、同乗していた北斗市の方が言っていました。点検と停車だけの新青森と違い、整備も行うためだそうです。

あと2週間。青森のみならず函館まで、新幹線を利用して多くの観光客が来てくれることを願います。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

« ワイファイ? | トップページ | 函館うまい店 ~こってり系みそラーメン編~ »

新幹線開業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線試乗会:

« ワイファイ? | トップページ | 函館うまい店 ~こってり系みそラーメン編~ »