« 何花粉? | トップページ | 5度目の函館ハーフ »

2010年9月24日 (金)

大幅値上げまで1週間 ~どうする?愛煙家~

Dvc00133 不景気とデフレのせいだけではありませんが、5、6年前と比べると当ホテルでは、いろいろなものの売上げが下がりました(悲)。その中でも筆頭は、煙草自販機の売上げです。タスポ導入が最大要因ではありますが、1日最低2箱、そのうち8割方を当ホテル内自販機で購入していた私を筆頭に、禁煙者の増加が売上げの減少に”貢献”してます。1週間後に迫った大幅値上げで、煙草自販機の売上げは伸びるのか、はたまた落ちるのか?

私が吸っていたマイルドセブンライトを例にとると、喫煙が習慣付いたころ1箱220円だった値段は10年以上変わりませんでしたが、1997年に10円、その翌年に20円値上げされ250円になりました。このころ一時禁煙にチャレンジしましたが2ヶ月で挫折。再度、禁煙を意識したのは2003年に270円となった後、300円に値上げされることがわかっていた2006年。幸い青年会議所(JC)を卒業し、過酷な会議地獄?から開放されたこともあり、忘れもしない4年半前の4月30日、夜遅くに箱に残った最後の1本を吸ったのを最後に、「やめた」と叫んで絶ちました。それから、2日間の悶絶と、2週間にも及ぶ焦燥感を経て、ふと煙草のことを忘れている自分に気づいたのは、4年前のちょうど今頃、禁煙から半年ほど経過したころでした。

運命の1日から煙草と引き換えに始めたランニングと合わせて、私は10年の寿命と毎月2万円弱の小遣い(実感は無いが)を得たものと思っています。走ることで体重も減り、肝機能が信じられないほど改善、今や肥満値も0となり検査でひっかかることの無い健康優良オヤジです。ヘビースモーカーだった5年前には、フルマラソンを完走し、函館ハーフマラソンでサブ90を目指す私など全く想像もつきませんでした。

このたびの値上げは110円以上、3割を超える大幅なもの。逆に言えば3割近くの人が禁煙しなければ自販機の売上げは落ちないことになります。でも、おそらく売上げは落ちるでしょう。私の経験からも値上げは確実に禁煙の動機付けになります。大人がして良いことの象徴であった昔とは違い、周囲の目が気になり、誰もがやめれるものならやめたいものになりました。百害あって一利無し、麻薬の一種。元ヘビースモーカーの私は、いつか当ホテルから煙草の自販機を撤去する日が来れば良いと考えています。

5,6年前と比べて大幅に伸びているもの。それは禁煙ルームの数とその売上げです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 何花粉? | トップページ | 5度目の函館ハーフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ホテルニューオーテからのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大幅値上げまで1週間 ~どうする?愛煙家~:

« 何花粉? | トップページ | 5度目の函館ハーフ »