« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

函館観光夏本番

函館港まつりを明日に控え、いよいよ函館観光も夏の最盛期を迎えています。明日夜の花火大会を皮切りに、翌日からは「わっしょい函館」、名物いか踊りを中心としたパレードが駅前地区(2日)、五稜郭地区(3日)で行われます。お隣、青森ではねぶた祭りも開催され、駅に近い当ホテルでは、JRの日帰りツアーを利用して観に行くお客様も多数いらっしゃいます。

26 幸い天候は花火の上がる明日の夕方から晴れる予報で、明後日からは夏の日差しが照りつける好天が続きそうです。最高気温も30℃前後と、函館としては暑くなりそうで、避暑の対象とはならないかもしれませんが、天候が良いと函館山からは風物詩のいさり火(写真)が、百万ドルと言われる夜景に色を添えるものと思われます。

7月の函館は梅雨のような天候で(いや、まちがいなく梅雨)、高温多湿、特に最低気温が高く寝苦しい夜が続いています。こんなことを言うと本州の人に怒られるかもしれませんが、連日最低気温が20度以下に下がらないと、首都圏に住んでいたころのような夏バテに襲われます。我が家に代表されるように、函館ではエアコンを付けている家庭は少なく、北国使用で建物の気密性も高いため、家の中は熱帯夜になるのです。

余談になってしまいましたが、ホテルはしっかり冷房が効いているので大丈夫。好天が予想される函館の一番良い季節を満喫しに来て下さい。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月30日 (金)

疑惑の宿泊統計(3)

呆れている部分もあって、もう触れることは無いと思っていたのですが、先日北海道観光局より発表された平成21年度の北海道観光入込客調査報告書は、6月に当ブログで記した観光統計に関する疑惑が証明される結果となっているので、もう一度だけ書かせていただきます。

前回、道南地区の外国人宿泊者数が他地域に比べ目に見えて少ないのは、函館市から北海道に提出されたデータ自体が間違っているからだと聞かされたことを書きました。どうやら、今回提出されたデータは、実態に近いもの(これもあやしいが)になったものと思われます。

Toukei

資料にとると、昨年度の外国人来道者数および宿泊者数は全道的に落ち込んでいます。(実感として出ている数字以上に落ちていると思えるが)。ただし、函館市を除いて・・・。表を見てわかる通り、平成21年度の函館を含む道南地区の延べ宿泊者は、他地域とほぼ同様の5%弱の減少(プラスの十勝は1000円高速効果)。しかし、外国人の宿泊は倍増以上と突出しています。しかも、公表されている21年度上期の宿泊者数は2万6千人程度なので、観光シーズンの上期より10万人近く多い外国人が、オフシーズンの下期に道南地域(ほとんど函館)に宿泊したことになります。

これは、観光に従事していない人間にとっても明らかにおかしいと感じられるはず。しかし、これに対して資料内での北海道観光局のコメントは、「道南圏域は大幅に増加しましたが、その他の圏域において、前年度比で減少しました。」のみ。統計担当者は、何もおかしいと思わないのでしょうか。「これが、おまえらの仕事か~」と言いたいです。

根源は間違ったデータを出した函館市の担当者であると思いますが、間違ったデータが公のデータとして堂々と公開されていることが最大の問題点。このデータを下に、様々な分析をしている人達がいるのです。矛盾は他にも感じますが、明らかにおかしなものは正さなくてはなりません。

道の担当者は、謝罪の上、過去に渡ってデータを修正すべきです。パブリックコメントを求めます。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月29日 (木)

SL函館大沼号

SLと聞くと、鉄道ファンならずとも一度は乗ってみたいもの。私の幼い頃は、まだ函館本線にSLが走っており、何歳くらいまでだったか、母方の実家の最寄り駅であった倶知安までの往復に何度か乗った記憶があります。調べてみると函館からのSLが廃止となったのは昭和46年ということなので、小学校1年生ころの記憶でしょうか。

Dvc00121 ところで、現在函館駅と約50km離れた森駅との間で、1日1往復SLが運行しています。今後運行する日は、7月31日(土)、8月1日(日)と、8月7日(土)~15日(日)の毎日。この「SL函館大沼号」と呼ばれる観光列車は、鉄道ファンや家族連れに大人気です。

函館駅を出発するのは午前9時35分。「ぐるり駒ケ岳・SLフリーきっぷ」(3000円・子供半額)を購入すると、函館⇔森間のSL指定席と、特急・普通列車の自由席が乗り放題。景勝地大沼公園でサイクリングなどをして遊ぶのも良し、森町や鹿部町などローカルな町を歩くのも良し、駒ヶ岳を周遊する函館本線の鹿部経由という超ローカル線に乗ってみるのもまた良しです。大沼公園駅の近くには日帰り温泉もあるので、最後に浸かって函館に戻るとちょっとしたオプショナルツアー、日帰りプチ旅行の完成です。

詳しくはHPで。函館に来てからの予約も可能です。当ホテルから函館駅は徒歩2分。夏休みのお泊り、1日を市内観光、2日目はSL函館大沼号でプチ旅行がお薦めです。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月27日 (火)

甲子園まであと1歩

Baseball 昨日行われた全国高校野球選手権南北海道大会決勝戦。函館支部代表の函大有斗高校は惜しくも敗れ、甲子園出場を逃しました。全国制覇した駒大苫小牧高校の台頭もあって、函館地区からは13年前の同校以来、甲子園出場校はありません。

さらに残念なのは、私が生まれてから函館の高校が甲子園に出場したのは、選抜を含めて函大有斗高校だけです。(函館支部からは知内高校が93年選抜に出場)。楽天の青山投手などを輩出した函館工業高校も南北海道上位常連校のひとつですが、同校が甲子園に出場したのは47年前。同規模の旭川市では過去10年だけでも5校が甲子園の土を踏んでいるのに、野球が盛んな街として、これはむしろ不思議なことです。

理由はいくつか考えられます。指導者の問題もありますが、良くも悪くも函館市内の高校は全道あるいは全国から選手をスカウトしてくるような高校はありません。逆にここ数年、市内の有能な選手は道内有力校に流出しているのが現状です。今回優勝した小樽の北照高校のエースとクリーンアップの一人は函館市内の同じ中学校出身。一昨年、夏の甲子園の南北北海道、両代表校のエースは、二人とも函館近郊の町の中学校を卒業しています。

それに引き換え、函館最強の私学、有斗高校でさえ市内及び渡島檜山管内の選手で固められています。ただ、これぞあるべき姿。だからこそ、母校でなくても函館の高校に頑張ってほしいのです。甲子園が盛り上がるのは、郷土愛があるから。どんなに強くなっても、県外選手が多い青森や福井は、甲子園熱が冷めていると聞きます。

翻って我が母校。進学校でありながら部員も多く、毎年、有斗や工業とも互角の戦いができるチームを作ってきます。残念ながらここ数年、全道大会にも進めていませんが、21世紀枠でも何でも良いから、母校が戦う甲子園のアルプススタンドで応援することが、中年となった私の夢のひとつになっています。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックしてください。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月23日 (金)

ダイニング雅家 ~近隣店紹介~

Dvc00120 当ホテルから函館駅に向かって50m程、函館朝市の入口という立地にありながら穴場的な存在のお店「雅家(がや)」。オープンしてまだ3年程度ですが、内部をリニューアルして個室が出来、利用しやすくなりました。昼間は食事、夜は居酒屋的な小料理屋として営業しています。

私もしばしば利用しますが、魅力なのはそのボリュームの割りに安価な値段設定。取扱っている魚貝類などの素材も、地元の目から見て上級です。特に所属している団体の会合の2次会などでまとまった人数で予約すると、一人3~4000円程度の予算で、飲み放題にもかかわらず食べきれないほどの料理が出てきます。特別サービスをしてもらってる訳ではないと思いますが、質に問題が無いだけに、採算が取れているのか心配になるほどです。

夏休みに当ホテルにお泊りの予定の方、夜に食事を兼ねて軽く一杯と考えたら、中心街まで足を伸ばさなくても、すぐそばに安くておいしいお店があります。お付き合いがあるので、「うまい店」ではなく近隣店紹介とさせていただきいましたが「うまい店」です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月20日 (火)

少年サッカーVS少年野球

P001_2 日本海に面する岩内町で行われていた全道少年U-10サッカー大会。長男の所属するチームは1次リーグを首位通過したものの、決勝トーナメント1回戦で、練習試合では勝っていた同じ函館地区代表チームにまさかの完敗。岡田JAPANと同じベスト16に終わりました。勝てば2回戦で当たるはずだった優勝候補筆頭のコンサドーレユースも番狂わせで敗退したため、敗者戦で戦うこととなり、こちらは善戦むなしくスキを突かれて惜敗。公式戦、練習試合を含め、ベストメンバーでは無敗だっただけに、息子もチームも相当へこんでいたようですが、最初の大きな大会でとても良い経験をさせてもらいました。この悔しさをバネに、全国大会を狙えるチームに成長してほしいものです。

ところで、試合を観に行けなかった私は、何とか早く結果を知りたいと無理を承知でネットで調べまくっていたところ、何と有料サイトではありますが、大会の情報をリアルタイムで伝えるサイトがあるではありませんか。小学校4年生の試合の経過が、Jリーグ同様分刻みで更新されています。さっそく少額の月会費を払い登録し、逐次結果を確認できました。こんなことを含めて、子供がサッカーを始めて、初めて本格的にサッカーの世界に触れたのですが、野球に比べていろいろな面でサッカーの方が進んでいると感じる今日この頃です。

特に小学生レベルの指導の問題。サッカーは指導者にもレベルごとにライセンスがあり、クラブチームでは指導法を教わったコーチの下で教えられるため、どのチームも年齢に合った適切な練習方法で鍛えられています。加えてトレセン制度という国レベルのプロジェクトがあり、優秀な選手や指導者はさらに高いレベルで指導を受けることができます。一方、函館ではサッカーより盛んな野球においては、ごく一部の抜きん出た指導者を除いて、経験のある選手の父親などが、自己流の指導法で教えているのがほとんどです。シニアリーグが出来て、中学生以上では以前より環境は変わってきましたが、ゴールデンエイジと呼ばれ、技術面で最も伸びる小学生高学年時代に適切な指導が行われないのは、素質のある子、もっとうまくなりたい子にとって不幸というしかありません。これぞプロとアマとの間に障壁があることによる、野球独特の障害と言えるでしょう。

そんなことを漠然と思っていた昨今、運動能力がありながら、スポーツにあまり興味が無かった次男が、仲の良い友達の影響からか野球をやりたいと言いはじめました。無理やり長男と同じサッカークラブに入れようと考えていた父親としては嬉しい誤算。諦めかけていた、甲子園がまた見えてきました(早い・・・)。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月16日 (金)

2010函館夏のイベント情報

Dvc00119 我が家の小さな庭では北海道の初夏のシンボル、ラベンダーが満開を迎えています。このところ梅雨前線の影響を受けて曇りがちな函館ですが、例年この週末に行われる花火大会を合図に、北国の港町も夏色が濃くなっていきます。

その函館新聞主催の函館港花火大会は7月18日(日)開催。同じくこの週末17、18両日は、函館駅近く大門グリーンプラザを会場に、市内大学生主催の「大門祭」が開催され、駅前も賑やかになります。「函館港まつり」は8月1日から5日まで。初日には北海道新聞主催で道内でも最大規模の花火大会が行われます。パレード「ワッショイはこだて」は2日、3日。よさこい函館フェスタは5日です。

港祭りの最終日8月5日から11日までは、港祭りと並ぶ函館の夏のイベントに成長する可能性を感じさせる「はこだて国際民族芸術祭」が開催されます。世界8カ国と国内の個性溢れるアーティストの競演は一見の価値あり。その知名度も全国的にじわじわと浸透しつつあります。

この他、五稜郭公園内の新施設「箱館奉行所」は7月29日オープン。同じく同公園内で行われている好評「函館野外劇」は、8月7日(土)までの金曜土曜と7月25日(日)に開催中。新装中央函館競馬も8月8日(日)まで続きます。函館に夏の終わりを告げる湯の川いさり火まつりの花火まで、最盛期の函館はイベント盛りだくさん。

例年、連休明けは観光客も一服しますが、今年は軟式野球の天皇杯北海道予選や中学陸上の北海道大会などスポーツコンベンションが多く、この夏の函館は開港150周年記念イベントが行われた昨年よりもはるかに観光客の入込が多くなりそうです。

ところで、私ごとですが、本日長男はサッカーのU-10南北海道大会が行われる岩内町に旅立ちました。車が無い妻と次男は札幌経由で現地入り。多忙期の父は我慢のメール待ち。決勝トーナメントに進みベスト4に進出したときのみ、最終日早朝に駆けつける予定です。今回に限り打倒コンサドーレ・・・

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月15日 (木)

函館ハーフマラソンの運営にもう一言

例年より遅く6月下旬にエントリーが始まった今年の函館ハーフマラソン。申し込み期間も3週間という短いものでしたが、エントリー開始からわずか10日、締め切りまで半分以上の期間を残して定員に達し、受付が終了となりました。すごい人気と喜んでいる場合ではありません。私の周りだけでも、何人ものラン仲間が「エントリーする前に締め切られてしまった」と嘆いていました。

市内はもとより、全国の函館を愛するランナー達の願いを断ち切ったと思うと胸が痛みます。定員を増やせば増やすほどこの日函館に人は来るのです。”観光客”の入込を増やすのに、こんな簡単なことはありません。どんなにお金を掛けて広報しても、1日に千人単位で集客できる方法など、そうはありません。

それどこかこの広告は、函館に来るなと言っているようなもの。20回記念大会だというのに(今、気付いた)。

Dvc00118 こんな新聞広告にお金を掛けるくらいなら、警備に回して定員を増やせ~。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月13日 (火)

変わらずの信号

Dvc00116 写真は函館駅を正面から見たら左側、駅西口出口前にある横断歩道です。実は、ここの信号は押しボタン式です。「実は」と書いたのは、駅を出た観光客が、まさか押しボタン式とは思わず長い時間信号待ちをして、人だかりが出来た頃ようやく気付いてボタンを押すという光景が、日常的に見られるからです。もちろん、信号には押しボタン式という記述があります。しかし、押しボタン式の記述があっても、自動的に変わったり、時間限定で普段は使われていないものが至る所にある昨今、駅前でしかも人も交通量も多い道路の信号が、ボタンを押さなければ変わらないと考えるほうが不自然です。

観光都市のホスピタリティ。ちょっとしたこころ配りが必要です。確実に言えるのは、この信号、函館で一番ボタンを押されている押しボタン信号でしょう。改善を促そうと思っていましたが、どこに言うべきか迷っていたところ、とりあえずブログに書いてみました。

折角なので、不便な信号の話をもうひとつ。地元の人しかわからない話で恐縮ですが、昨年、国道5号線沿い五稜郭駅から札幌方面に1km弱、そば屋の「陣屋」手前から桐花通に抜ける道路が完成し、そこから川原町の函館工業高校近くまでの直線道路が貫通しました。国道のこのあたりから、私の自宅まで最短距離となり大変便利になるはずでしたが、今は全く使っていません。

まず5号線からその道路に右折する際、交通量が多いにもかかわらず右折信号が無いため、1度に3,4台しか右折できません。さらに、複数の幹線道路を横切る道だけに、信号の繋がりが悪く、特に赤川通との交差点は青の時間も短いため、双方向とも3回待ちということも珍しくありません。利便性を高めるために造ったはずの道路ですが、知る人ぞ知る小道裏道を抜けた方が、はるかに時短出来るのです。

土地を買収し、お金と時間を懸けて造る道路。造った後に、より利便性を高めるために検証するようなシステムは無いものでしょうか。新しいだけに、よりストレスが溜まります。

予定外に、グチを追加しました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月10日 (土)

箱館奉行所見学会

今年の函館観光目玉のひとつ、7月29日にオープンする「箱館奉行所」の観光事業者向け事前見学会に行ってきました。奉行所の詳細については、公開されたばかりの公式HPに譲り、一見学者の立場から写真中心に紹介したいと思います。

Rimg01 以前、建設中の時に見学したことがありますが、工事用の外壁が取り除かれ、周辺の施設も整備されると、当時と比較して思った以上に大きな施設であるとの印象を受けました。”何も無かった”五稜郭公園内に、ようやく観光施設が出来たという感じです。

Rimg02 中に入ると、まだ出来たてということもあって、まるで時代劇映画のセットのようでした。

Rimg05 トイレも当時のものを忠実に再現しているようでした。(※ここでは用を足せません。)

Rimg03 展示用のショーケースが用意されていました。どのようなものが展示されるのか興味がありましたが、自由見学方式だったので説明を受けることが出来ませんでした。

Rimg04 こちらは「中庭」。一部に新しく造ったこの程度の施設に500円も取るのはどうかという声もありましたが、いやいやこれは一見の価値があります。当時の工法に出来るだけ近い形で造った、最新の150年前の建物など中々観ることはできません。幕末の歴史に興味のある方はもちろん、建築に興味のある方には必見の施設ではないかと感じました。

箱館奉行所。歴史的価値というより、新しいうちに出来るだけ早く見に来た方が良い施設です。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月 8日 (木)

函館の七夕祭(2)

函館の七夕の夜に、子供達が歌を歌って近所の家を回り、お菓子(昔はロウソク)を貰って歩く独特の風習があることは、去年の今日のブログにも書きました。二人の息子が小学校に通う我が家には、同級生や近所の子供にマークされていることもあって、毎年多くの子供達がやってきます。

Dvc00115 隣の家で嗜好を凝らしたお菓子の渡し方をしていて、子供の受けが良いのを参考に、今年は我が家でもちょっと工夫をしてみました。来た子供にくじを引かせ、番号によって渡す品を変えることにしたのです。若い番号には質、量とも充実させた?詰め合わせを作り、小さなテーブルに並べました。77番は「たなばた賞」にして、花火を用意しました。昔、どこにでもあった駄菓子屋のくじのようなものです(写真)。

狙いは当たって子供達に大うけ。歌を歌いながら目は既に品定め。くじを引くことを説明すると、我先にと手を伸ばしてきました。小さい子供に連れ添って来た親御さんにお褒めの言葉をいただくなど、我ながらプチ満足。残念だったのは、最後まで77番くじを引く子がおらず、花火が残ってしまったこと。客寄せ商品ではなかったのですが・・・。

ちょっとした遊び心。子供達だけではなく、大人も結構楽しんでいる七夕祭です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月 5日 (月)

近況報告 ~2010函館観光動向~

高温多湿、激しいアップダウンに足を奪われ、予想通り玉砕した青森ハーフマラソンからの帰路、スーパー白鳥の指定席が取れないでいましたが、青森で降りる人も多いので座って帰れると高をくくっていました。大会会場で出会った函館のラン仲間と青森駅近くの温泉に入って、我慢できずに中ジョッキ3杯、寝て帰ろうとホームに向かうとそこにはなんと長蛇の列。ほろ酔い、両足が痙攣寸前状態で、立ったまま満員のデッキで函館まで苦痛の2時間を過ごしました。

Dvc00114 JR東日本の”ヒット商品”「大人の休日」開催中は、函館に多くの観光客が訪れます。しかし、残すところあと2日、上りはともかく下りは大丈夫だろうと思っていたのが間違いでした。年配の方に加え、アジア系外国人多数で乗車率は150%と言っても過言ではありませんでした。

この春以降、函館の観光動向は目に見えて変わってきました。当ホテルでも2月くらいから足元はともかく、先の予約数が対前年を大きく上回るようになっていました。予約の数字が実績に現れ始めたのはGW前後から。改装効果もありますが、特に新装函館競馬が開催された6月になると、人員、売上げともに対前年20%超、去年の数字が悪すぎることもありますが、約2年間に渡ってずーっとマイナスが続いていたので、すごく良くなったように錯覚してしまいます。

しかし”残念ながら”、この時期の回復は前年より想定されていたことで、別に驚くべきことではありません。競馬の有無がどれだけ観光にインパクトを与えているかは以前にも書きました。確かに競馬開催のある週末に、全市の宿泊施設が満室状態となるのはここ3,4年は無かったことですが、これは新装効果のプラスαと考えた方が良いでしょう。

この状態、短期的には7,8月と続くのは予約の動向から確実です。昨年「大人の休日」があって今年行われない9月に踊り場があるかも知れませんが、昨年の水準の低さと、12月の新幹線新青森開業で、対前年でのプラス傾向は来年一杯は続くとみています。しかし、これから観光都市函館は安泰かというとそうではありません。あくまで、長期ダウントレンドの中のあや戻し。それが競馬場や新幹線、西日本の口蹄疫や天候不順といった観光面の北日本への追い風など「函館特殊要因」で少し大きくなっていることを、肝に銘じておかなくてはなりません。

この追い風のうちにしっかりと稼ぎ、いずれまた来る昨年のような状況にも耐えれる体力をつけておくことが一つ。また、いまの状況に浮かれず、将来に対する仕掛けも考えていかなくてはなりません。「大人の休日」でわかるように、函館に潜在的な魅力があることは確実です。新幹線が青森まで来た際に、如何に函館まで多くの観光客を呼び込めるか。新幹線が新青森まで来ても、スーパー白鳥の本数や車輌編成が今のままでは来函客は限られます。ダイヤ発表は来月以降だと思いますが、そのあたりの要望、要請をいろいろな方面から行っていかなくてはならないと感じた昨今でした。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

2010年7月 1日 (木)

函館ハーフマラソンの運営に一言

Aomoria 今週末、2年ぶりに青森ハーフマラソンを走ってきます。浅虫温泉がスタートとなる青森ハーフのコースは、5km付近にかけてきつい小山越えがあり、終盤にも青森ベイブリッジ(写真)の往復にアップダウンがあって、函館ハーフに比べ市民ランナーにはハードなコース設定です。さらに、7月上旬の大会とあって、気温湿度とも高く、2年前は複数台の救急車の出動があったことを記憶しています。函館市から津軽海峡を挟んでで100km程南にある青森市のこの時期の気温は、最高気温の平年値が函館より2℃程高く、道民にとっては真夏の大会を想定しなくてはなりません。6月は月間200km程走り、体重も2kg落として準備は整いましたが、無理は禁物・・・と、初めから弱気になっています。

話は変わって函館ハーフマラソン。今週からエントリーが開始されました。今年はどういう訳か、エントリー開始の時期が遅くなりエントリー期間そのものも短くなりました(たった3週間!)。あまり沢山の人に来られてはまずいということでしょうか。告知、募集に知恵もお金も掛けている大会が多い中、ある意味うらやましいことです。

マラソン大会の多くがそうなのですが、函館ハーフも前年の大会参加者にはあらかじめエントリー用紙が送られてきます。人気の当マラソンは、年々人数による足切り(1800人)が早くなり、エントリーが遅れると出られないケースもあるので、早々に送られていた用紙に記入、郵便局から参加料4000円を振り込みました。・・・ところが、申し込んだのがエントリー開始日より早かった(3日ほど)ということで、「お金を返すので再度インターネットなどを通じて申し込んで下さい」とご丁寧に事務局から連絡が入りました。これには、連絡を受けた妻も失笑。数日後、手数料?が差し引かれた3320円が入った現金封筒が届きました。

今年も参加してくれと出した用紙に早々に答えた結果、4000円の参加料を払うために結局1000円以上もの出費。この融通の利かなさは何とかならないもんでしょうか。こんな思いをしたのは私だけではないはず。受付開始1週間前に送られてきたエントリー用紙には、「エントリー期間前の応募は受け付けません。」などとはもちろん書かれていません。函館観光にブレーキをかけているのは、あなたたち役所のホスピタリティー欠如です。

「金、返せ~!」・・・ではなかった、「金、返すな~???」

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »