« 疑惑の宿泊統計(2) | トップページ | 市場原理主義と地方都市の疲弊(1) ~経営分離か現函館駅~ »

2010年6月21日 (月)

グランドオープン ~新函館競馬場~

P1010955 趣味と情報発信を兼ねて行ってきました新装函館競馬場。それにしても、こんなに混んでいる函館競馬場を見たのは初めてです。息子の目的がそうだったように、人気芸人オードリーの集客効果もあったのでしょう。駐車場に並ぶこと20分、人の密集度は昔よく行った暮れの中山競馬場を彷彿させました。さすがグランドオープン2日目最初の日曜日、食べもの売り場も長蛇の列で、そこにはローカル競馬ののどかな光景はありませんでした。

Hanamiti プレオープンの時も書きましたが、新競馬場の特徴はパドック。椅子付のパドックシアターの他、他場よりも近い距離で馬を見ることができます。そして、パドックからコースへは建物の中の「はなみち」(写真)を、ファンに見守られながら出ていきます。旧競馬場には無かった屋上スペースが広く開放されており、ここからもパドックを見ることが出来ます。小さな子が遊べる電動の遊具や、幼児専用の遊び場もありました。以前からあった、コースの内側の遊具もさらに増設され、子供連れの家族で大賑わいでした。

場内は、全国各地からファンが集まっているとみえて、普段は聞きなれない方言が飛び交い、身をもって経済効果が感じられました。昨年と違って、今年の市内ホテルは、競馬が開催される週末はほぼ満室状態となりそうです(数年前まではこれが当たり前でした)。尚、当ホテルご宿泊のお客様でご希望の方は、函館競馬場の無料招待券を差し上げています。

肝心の馬券は、相変わらず泣かず飛ばず。函館競馬場史上最高の5百万馬券を映し出した電光掲示板を目に焼きつけ、妄想だけして帰ろうかとも思いましたが、帰り際に大万馬券の立役者となった藤岡騎手から無謀な馬連総流しの馬券を買ったところ、帰宅後、本日の投資金回収を知ることになりました(微々たる金額ですが)。換金は次週・・・また、競馬場へ行く口実です。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 疑惑の宿泊統計(2) | トップページ | 市場原理主義と地方都市の疲弊(1) ~経営分離か現函館駅~ »

函館の見所・観光施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/48685668

この記事へのトラックバック一覧です: グランドオープン ~新函館競馬場~:

« 疑惑の宿泊統計(2) | トップページ | 市場原理主義と地方都市の疲弊(1) ~経営分離か現函館駅~ »