« 積雪ゼロ~桜開花は少し早め~ | トップページ | 都心「五稜郭」の凋落 »

2010年3月16日 (火)

函館うまい店 ~パスタ編~

このブログを始めてから、函館でパスタのおいしい店を紹介してくれとの要望が多かったため、特別スパゲティマニアではありませんが、意識してパスタの店を回っていました。最近は、チェーン店のビジネスモデルが進化して、安価でもそれなりの味のスパゲティを提供するレストランが増えてきて、そういう店は一定の規模がありながらそこそこ混みあっています。一方で、昔ながらマスターの腕一本で勝負している個人経営のパスタ店の多くは苦戦を強いられているようで、これはどこの業界も同じようです。今日は、個人経営ながらキラリと光るパスタのお店をいくつか紹介してみたいと思います。

Dvc00041 この店で食べたのは20年以上前。学生時代か就職後か忘れましたが、帰省の際、おいしい店ができたと紹介され、友人と訪れたはずです。当時、テレビか何かで知ったばかりのアルデンテといわれるゆで方を見事に具現化していたことを記憶しています。「銅鍋」と書いて「あかなべ」と読むそのお店、以前あった場所に既に店が無かったため、閉めたものだと思っていましたが、先日、たまたまネットで発見し、移転したことを知りました。美原の交差点近く、赤川通り沿いにあるその店は、決しておしゃれではありませんが、味は昔と変わらず確かなものでした。通常1000円~1500円のメニューがランチで800円。追加コーヒーは100円。ドリンク付きで1050円でも同じ数出るのにと思いながらも、また来ることを誓いました。

Pastaria 函館の中心街、五稜郭交差点すぐ近くながら、本町交番の裏手、地味な場所にある「パスタリア」。おそらく、函館のパスタ好きなら一度は耳にしたこと、あるいは口にしたことがある名店です。一口食べた瞬間に、チェーン店との差、そばでいえば手打ちか機会打ちほどの差があることを感じることができる店です。函館出張の際、必ず立ち寄るビジネスマンもいるそうです。有名店のため、味や値段の詳細はいろんなブログで紹介されているので省きます。

Dvc00042 最後にパスタ専門店ではありませんがちょっとした穴場。函館工業高校から深堀町の電停に抜ける「放射4号線」のちょうど中間あたり。一見、一般の住宅のようで、注意していないと見逃してしまう洋食レストラン「Bees Bee」。入ってみると、高級感あるおしゃれな内装。昼のピークを過ぎているのに、店はカップルや家族連れでそこそこの入込みでした。メニューは多彩で、しかも店の雰囲気のわりに手頃な値段。たまたまパスタのランチ(1000円)を注文したのですが、これが正解でした。パスタに絡むクリームソースに、かなりのレベルを感じました。サラダにエスプレッソを選択できて、この味、この値段は魅力です。奥様方のランチタイムに最適ではないでしょうか。

多くの人に読んでいただくため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 積雪ゼロ~桜開花は少し早め~ | トップページ | 都心「五稜郭」の凋落 »

函館おいしいお店」カテゴリの記事

コメント

私が帰省したら必ず立ち寄ると決めている店の一つが『パスタリア』です。行く時は11時30分開店ですので11時25分ジャストに入り口の前に立つと決めています。この店に初めて行ったのは高校時代の彼女とだったなぁ。『Bees Bee』は知りませんでした。ランチはお得のようですね。写真のないのが残念ですが、撮りにくい時もありますよね。

初めてメールします。毎回、楽しみにブログを見ています。20年振りに函館に戻ってきて、パスタのおいしい店を探していたので参考にさせていただきます。ところで、昨日函館市中央図書館で「観光セミナー」がありましたが、オーナーは行きましたか?
カリスマ講師のお話はたいへん参考になりました。
但し、その話を函館にあてはめて考えると、非常に
実現が難しいことと感じました。観光業界の方が沢山聞きに来ていましたが、果たしてどのくらいの方が内容を理解できたのか疑問に思うところです。
オーナーが参加されていたのでしたら、ぜひ感想を
お聞かせください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館うまい店 ~パスタ編~:

« 積雪ゼロ~桜開花は少し早め~ | トップページ | 都心「五稜郭」の凋落 »