« 函館うまい店~更科そば編~ | トップページ | 積雪ゼロ~桜開花は少し早め~ »

2010年3月11日 (木)

函館⇔ソウル 高搭乗率の裏側

函館と韓国ソウル仁川空港を週3往復で運航する、大韓航空の1月の搭乗率が95.1%に達しました。一昨年秋には一時減便されるなど低迷していましたが、オフシーズンにもかかわらず過去最高です。

Soul 実は私もこの月末に2泊3日の格安ツアーで、ソウルに行ってみようと計画していましたが、飛行機が満席で断念せざるを得ませんでした。午後1時過ぎの便で出発し、翌々日正午には到着するツアーなら、実質1日会社を空けるだけで済む”海外旅行”です。多くのお客様を受け入れているアジア大陸の空気に一度触れてみたかっただけに残念です。

中国の景気回復を背景に、日本以上にその恩恵を受けている韓国の立ち直りが早く、大挙観光客が押し寄せていると思いきや、実はそれはど甘くはないようです。関係者によると、ソウル函館便建て直しのため、航空運賃を千歳便などよりも安く設定したため、北海道を訪れる韓国人観光客は函館便を選択し、旅行会社も魅力的な商品を開発できたことから道南地域からの旅行客も増加したとのこと。

功を奏した形ですが、実はこれも3月一杯。4月以降は、千歳便並みの料金体系に戻し、客数減少を見越して飛行機の機材も現状より一回り小さくなるということです。千歳と同額であれば、当然利便性のよい千歳空港の利用が増えることでしょう。

高搭乗率を報じた新聞記事は、先行きにも期待を抱かせる書き方をしていましたが、現実は逆のようです。同じ旅行会社が継続する、4月以降のソウル格安ツアーには、それまでは付いていた夕食1回が無くなっていました。

多くの人に読んで頂くため、参考になったらクリックして下さい。

↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 函館うまい店~更科そば編~ | トップページ | 積雪ゼロ~桜開花は少し早め~ »

函館の経済・行政etc」カテゴリの記事

コメント

オーナーのブログを読むまでは、函館空港の国際線はロシア便だけの認識でした。ソウル便もあったんですね。勉強になりました。感謝!そうそう私は10月初めの中国の大型連休に上海からソウルへ行く計画をしています。ソウルで会えれば最高ですね。中国経済に少し触れますが、私の住む蘇州に進出している日系工場では人手不足なくらい受注が回復しているとこが多いですよ。あの時は随分と人事削減してたのに。ただ、決まって聞くのは『日本本社は、まだまだ駄目だ』です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/47782362

この記事へのトラックバック一覧です: 函館⇔ソウル 高搭乗率の裏側:

« 函館うまい店~更科そば編~ | トップページ | 積雪ゼロ~桜開花は少し早め~ »