« 本日のランチ | トップページ | ニヤマ高原スキー場 »

2010年2月13日 (土)

少年サッカー

Dvc00029 前にも書いたと思いますが、私が子供の頃、スポーツといえば野球。しかし、時代は流れ、Jリーグが発足し日本代表がワールド杯に出場するなど、サッカーのメディアへの露出が野球と肩を並べるようになるのと同時に、子供のサッカー人口も急増してきました。私が小学生だった頃、おそらく1桁であった道南・函館地区の少年サッカーチームは、今や小学校のチーム、私立クラブを合わせて40を超えています。

我が家の長男も、幼稚園児だった4年前のワールドカップでサッカーに興味を持ち、親としては野球への未練を引きずりながらも、小学校入学時にサッカークラブへ入れることに決めました。折角なので、いろいろ調べてレベルの高そうなチームを選択しました。

外国人コーチがいるなど確かにレベルは高く、親御さんも熱心で、子供の中には素人目に見ても明らかに卓越した能力を持つ子もいます。子供の成長を願うのとは裏腹に、練習を見学すると、平凡な我が子がかわいそうに思うこともありました。息子も子供ながら自分の能力を察したらしく、序々にサッカー熱が冷めていくのがわかりました。

それから2年。小学校も3年生になると、年齢のカテゴリーごとに大会に出場するようになります。冬期間は屋内でフットサルの大会が盛んに行われ、長男が所属するチームは順調に力をつけて、常に上位を争うチームのひとつとなっています。息子はゴールキーパーというポジションに新たな居場所を見つけ、足を引っ張りつつも、高いレベルの中で試合に出させてもらっています。

子供の試合の応援が、プライベートでの楽しみのひとつに加わりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 本日のランチ | トップページ | ニヤマ高原スキー場 »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

函館少年サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/47553521

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サッカー:

« 本日のランチ | トップページ | ニヤマ高原スキー場 »