« 日本シリーズ観戦 | トップページ | 今年も暖冬? »

2009年11月 4日 (水)

大物も釣れます・・・函館港

津軽海峡に面した函館近郊は、大物が釣れる投げ釣りの好ポイントが多く、また、道内他地域では釣れない南方系の魚も釣れることから、札幌など道内各地遠方から太公望たちが訪れています。下海岸(しもかいがん)と呼ばれる旧戸井町から椴法華(とどほっけ)地区にかけてや、知内町近郊はポイントも多く有名ですが、函館市内中心部から車で1時間近くかかる磯場や漁港に足を伸ばさなくても、大物が釣れるポイントは目の前にあります。函館港です。

Photo 函館港は、岸壁まで車を乗り入れることができ、広く比較的安全なため、ベテランから家族連れまで年中釣り人が途絶えることはありません。魚種も豊富で、サビキでは定番のチカ、サバ、イワシの他、水質改善のせいか温暖化のせいか私が子供の頃は稀だったアジやサヨリ、時にサンマやカマスなどが回遊してくることもあるようです。投げ釣りでは、マコガレイやアブラコ(アイナメ)、ホッケ、ソイ、カジカ、ハゼ、ウミタナゴなどの他、函館といえばイカも港で釣ることができます。クロダイ(何故か沖堤でしか釣れない)やキスは、函館近郊が北限となっており、北海道ではこのあたりでしか釣れません。(写真は先日釣れた、マコガレイ、カジカ、”チビ”アブラコ、この他サバや豆イカも釣れていました。)

港といえば五目釣りは出来ても大物は・・・と思うかもしれませんが、アブラコ(アイナメ)のビール瓶サイズはあたりまえ、コイのような50cmクラスを釣り上げている人を何度も見たことがあります(私の針に掛かったことはありません)。カレイもチョイ投げで、30cmオーバーが釣れるので、小さな子供が大物GETというのも珍しくありません。釣り人に比して魚の個体数も多いので、首都圏の釣り好きの人にはびっくりするような環境だと思います。

春先と、GW明けの5,6月、そして寒くなるこれからが数、型ともに狙える”シーズン”です。当ホテルから港へは歩いてすぐ。釣り好きの方は、旅行や仕事のついでに、釣竿を持ってきては?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

« 日本シリーズ観戦 | トップページ | 今年も暖冬? »

函館B級釣り情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大物も釣れます・・・函館港:

« 日本シリーズ観戦 | トップページ | 今年も暖冬? »