« 2009夏 函館イベント情報 | トップページ | 箱館奉行所復元工事 »

2009年6月 6日 (土)

函館の6月の気候

6月6日(土) 最高気温 15.5℃ 最低気温 14.1℃

北海道には梅雨がありません。・・・と、言うより無いことになっています。

しかし、梅雨のある青森県と津軽海峡を挟んで最短17kmの場所にある函館市に梅雨が無いというのは、あくまで気象学上の線引きでのこと。函館の6月は梅雨前線の影響を受けることもあり、決して晴天の多い月ではありません。

005 4月、5月と順調に気温が上昇し、そのまま夏になってくれると嬉しいのですが、6月は気温の上昇が足踏みし、曇天の日が多くなります。海に面している函館市は、この時期、晴れて気温が上昇しても、海水温がまだ低いため、温度差によって海霧が発生することが多くなります。海霧が発生すると、気温が急に低下し、街中でも視界が数十メートルになることもあります。(写真は海霧が発生したときの当ホテル屋上からの様子・・・日中です)

こんな時は函館山からの夜景もアウト。特にオホーツク海高気圧が発達すると「やませ」と呼ばれる東風が吹き、肌寒く霧雨が降る日が長く続くことがあります。このような気象を、蝦夷梅雨と呼ぶそうです。ただ、函館の場合は本州のような蒸し暑い雨になることも多く、いずれにしても本州の梅雨の時期は好天が続くイメージはありません。

今日は一日中雨。明日の息子の運動会も延期になりそうです。

« 2009夏 函館イベント情報 | トップページ | 箱館奉行所復元工事 »

函館の気候」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/45253926

この記事へのトラックバック一覧です: 函館の6月の気候:

« 2009夏 函館イベント情報 | トップページ | 箱館奉行所復元工事 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31