« 今、何月? | トップページ | ひかりの屋台「大門横丁」(2) »

2009年2月16日 (月)

ひかりの屋台 大門横丁

2月16日(月) 最高気温-3.8℃ 最低気温-7.2℃ 積雪深 8cm

30060004 今年の冬は暖かいという話をこのブログに書いたら、この冬一番の寒波がやってきて一面の銀世界に逆戻りしました。こんな寒い日は屋台で軽く一杯というのもなかなか乙なものです。

・・・ということで、函館の新名所「大門横丁」の話をしたいと思います。

大門横丁は、地方都市の中心街の衰退を絵に描いたような函館駅前大門地区に賑わいを取り戻そうと、第三セクターが中心となって取り組んだ中心街再生の目玉事業で、2005年10月に完成した屋台村です。

敷地面積約800㎡、店舗数26と広さ、規模とも北日本最大の屋台村で、北の港町らしく新鮮な魚介類を扱う店から、ラーメン、焼き鳥、洋食にエスニックまで、異国情緒溢れる函館の食文化を凝縮したような空間となっています。

第三セクターと言うと、全国的に失敗事例が多いとのイメージがありますが、この事業は周辺商店街や地元経済界の協力もあり、客の入込みも順調で、周辺に新たな飲食店が移転開業するなど一定の成果を上げています。

北洋漁業全盛のころは、人とぶつからずには歩けないと言われたかつての繁華街「駅前大門」。そこまではいかなくとも、日本を代表する観光都市の顔として恥ずかしくない賑わいを取り戻してほしいものです。

明日からは大門横丁の中のお店やメニューなどを紹介してみたいと思います。

« 今、何月? | トップページ | ひかりの屋台「大門横丁」(2) »

函館おいしいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひかりの屋台 大門横丁:

« 今、何月? | トップページ | ひかりの屋台「大門横丁」(2) »