« 旧函館区公開堂 | トップページ | 今、何月? »

2009年2月13日 (金)

中華会館

2月13日(金) 最高気温6.3℃ 最低気温-1.0℃ 積雪深 3cm

Rimg0073 函館の異国情緒というと、教会など欧米文化の影響を受けた建物がイメージされると思います。その教会群が立ち並ぶ元町地区で、異彩を放つ建造物がこの中華会館です。

中華会館は明治43年、当時函館に在住していた華僑たちが中国人の集会場を建てるため、資材から大工、彫刻技師までも中国から呼び寄せ作らせた、日本唯一の純中国風レンガ造りの建物です。驚くべきことに、釘が1本たりとも使われていないという事です。大変貴重な文化財ですが、残念ながら老朽化のため現在は公開されていません。

中華街こそありませんが、函館は横浜や長崎など他の開港都市同様、華僑が多く移り住んだ街でもあります。ハンバーガーで有名な「ラッキーピエロ」も元々はチャイニーズレストラン。塩ラーメンもそうですが、中国文化の影響は函館の食文化に色濃く反映されています。

« 旧函館区公開堂 | トップページ | 今、何月? »

函館の見所・観光施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/44047509

この記事へのトラックバック一覧です: 中華会館:

« 旧函館区公開堂 | トップページ | 今、何月? »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31