« 銀ダラ | トップページ | 函館開港150周年(1) »

2009年2月27日 (金)

函館のウィンタースポーツ2

2月27日(金) 最高気温4.6℃ 最低気温-4.7℃ 積雪深 12cm

P1000883 仁山高原スキー場(写真)は、函館中心部より車で約30分、市内から一番近いスキー場です。全国的には無名のスキー場ですが、設備、スケールとも本州の中規模スキー場に匹敵するものはあると思います。

私が小さい頃は、子供たちは皆、「ミニスキー」という50cmほどのプラスチック製の板を長靴に付け、近くの坂を滑ったり、当時、はやっていた「ローラーゲーム」の真似事などをして遊んだものです。ですから、ある程度の年齢になって、初めてスキーやスケートを履いても、ほとんどの子供たちは、すぐに一定レベルの技術を身に付けることができました。

ところが、最近家の周りでは、そんな子供たちを見かけることもなく、そり遊びですら子供同士でやっているのを見たことがありません。雪が少なくなったせいもあるのかもしれませんが、家で家庭用ゲームに興じている子供が多いようです。

冬のスポーツがあまり盛んではない土地柄とはいえ、せっかく北海道で生まれ育ちながら、冬の遊びも知らないのは寂しいものです。

2月中旬以降、寒が戻り、スキー場周辺ではそれなりの積雪になり、先週末スキー場を覗いたところ、思った以上のスキーヤーとボーダーが楽しんでいました。そういえば、函館に帰って10年、スキー場に行ったのは今回が初めてでした。年齢的なものもありますが、親にも問題があるのかもしれません。

ちなみに、この仁山高原スキー場、国内アルペンのトップスキーヤー、佐々木明選手が子供のころ、毎日のように滑っていたスキー場だそうです。

« 銀ダラ | トップページ | 函館開港150周年(1) »

函館のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513132/44191896

この記事へのトラックバック一覧です: 函館のウィンタースポーツ2:

« 銀ダラ | トップページ | 函館開港150周年(1) »