« 塩ラーメン | トップページ | はこだて「光の小径(こみち)」開催中 »

2009年1月30日 (金)

丸井今井 民事再生法

200901301637000 1月30日(金) 最高気温5.2℃ 最低気温-1.8℃ 積雪深5cm

北海道の老舗百貨店「丸井今井」の民事再生法申請は、昨日の道内トップニュースでした。

丸井今井函館店は、当ホテルが建設される少し前、昭和44年に函館山の麓、末広町から現在の本町五稜郭地区へ移転しました。(写真)
函館は戦前、旧丸井今井のあった「十字街」が繁華街で、戦後は函館駅前「大門地区」が中心街となりました。その後、丸井今井移転をきっかけにその周辺に大きなビルが建ち始め、20年ほど前からは夜の盛り場を含め、函館の繁華街は駅から4キロほど離れた「本町五稜郭地区」となりました。

ところが、ここ数年は全国の地方都市と同様に、郊外のロードサイド型店舗が盛隆を極め、五稜郭地区からさらに内陸に4キロほど入った美原地区を中心とする産業道路沿いが、函館でもっとも人の集まるところとなっています。

このように、函館の新都心と呼ばれて久しい五稜郭地区もここ数年は勢いを失っており、丸井今井の真向かいにあるダイエーグループの店舗も5月の閉鎖が決まったばかり。そのような中でこのニュースは、単なる中心街の衰退という問題ではなく、函館、ひいては地方都市の崩壊を示唆しているようでこの先が心配です。丸井今井函館店の存続を切に望みます。

日本にも出て来いバラクオバマ!

« 塩ラーメン | トップページ | はこだて「光の小径(こみち)」開催中 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸井今井 民事再生法:

« 塩ラーメン | トップページ | はこだて「光の小径(こみち)」開催中 »